飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉7 」感想

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉7 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
海賊団を率いて城砦に攻めよせるエリオット王子。それを迎え撃つティグルは、オルガやマトヴェイ、タラードの協力を得ながら巧みな攻防を展開し、ついに囚われのソフィーを救出する。黒弓の力に驚くタラードたちの追及をなんとか躱し、ジスタートに戻る船路につくのだったが、そこに生きていたトルバランと海竜が襲いかかる! 船が破壊された衝撃でティグルは海に投げ出されてしまい――!? 一方トルバランは再びレスター将軍となり、残党を従えレグニーツァを襲う。応戦するのは二人の戦姫、"雷渦の閃姫"エリザヴェータと"煌炎の朧姫"サーシャ。「もってくれよ、僕の命の炎……!」大人気戦記ファンタジー第7弾。いま、最強の焔が舞い降りる――!

読むのが遅れたおかげ(?)でこれが言える。
アニメ化決定おめでとうございます!
戦記モノのためアニメにするのは難しい印象があるけど、期待しています。

謎の魔物トルバランに守られていたルクス城砦を攻略したティグルたちであったが、敵大将であるエリオット率いる数万の海賊が迫っているのを知る。ティグルたちの夜襲によって海賊の数を減らすことには成功したものの、エリオットを守護する長弓部隊の反撃に遭い痛手を負う。圧倒的な軍勢を前にしてティグルは「最善の手」を打ちながら、味方の増援を待つことになる。

本題に入る前にひとつだけ。
公式あらすじが内容の要約になってしまっているのはどうなの。おかげで安心して読み進めちゃったよ!(笑)

前半、エリオット率いる海賊団の進行に抗うため、非常な決断を自らの手で行うティグルの苦悩が描かれて行く。綺麗ごとだけでは戦は勝てない。最善の手を打つことが必ずしも皆に指示されることでもない。痛みはまず自分から。ティグルらしい決断の仕方であり、またひとつ精神的に強くなる。そんなティグルのこれまでの言動と葛藤を見てきたオルガは、彼に惹かれ始め、彼の生き方に大きく影響されていく。逃げ出すことを止めたオルガの成長も見守って行きたい。

エリオットを滅ぼした原因は、結局のところその人望の無さだろう。海賊たちはエリオットに忠誠を誓った訳ではない。ただ目の前の利益を貪るために力を貸していたに過ぎない。それをタラードに上手く利用され、状況をひっくり返される。頼みの綱の長弓部隊隊長もティグルの弓の前に敗れ去る。相変わらずデタラメな弓の腕前。囚われのサーシャを劇的に救い出したティグルが彼女に惚れられるのは無理ないこと。これはこれで戦姫内の争いごとになりそうであるが。

このままジスタートに戻れるかと思いきや、復讐の機会を狙っていたトラバランの襲撃によって海に放り出され、行方知れずとなるティグル。そのことを知った戦姫たちの胸中は穏やかではない…特にエレンは。エリオットからトラバラン率いる海賊団となった敵を今度はジスタートのサーシャとエリザヴェータが迎え撃つことになる。病床のサーシャの身体が戦いの場に身を置いて持つのかも気になるが、悪役であるはずのエリザヴェータが何処までトラバラン側と戦うのか不安なところがある。エレンが駆け付ける展開になっているのを見ると、サーシャが窮地に陥るのは間違いないのかな…。