飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「グランクレスト戦記 1 虹の魔女シルーカ」感想

グランクレスト戦記  1 虹の魔女シルーカ (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
混沌がすべてを支配する大陸。人々は混沌により生じる災害に怯え、それを鎮める力〈聖印〉を持つ、君主に守られ生きてきた。
だが、いつしか君主たちは「人々の守護」という理念を捨て、互いの聖印と領土を奪い合う戦乱へと突入していく――
理念なき君主たちを軽蔑する孤高の魔法師シルーカと、故郷を圧政から解放するべく修練の旅を続ける放浪の騎士テオ。
「わたしは騎士テオの聖印と契約し、永遠の忠誠を誓います」
ふたりが交わした主従の誓いは、混沌と戦乱の大陸に変革の風をもたらすのか!? 秩序の結晶である〈皇帝聖印〉を巡り繰り広げられる一大戦記ファンタジーが、いま始動する!!

富士見ファンタジア文庫×MF文庫J合同プロジェクト!
戦乱渦巻く世界を舞台にしたファンタジー。水野良さんが監修を務め、シェアード・ワールドとして展開していく作品であり『グランクレスト戦記』は水野さん本人が筆を取っている…と、いう情報を知らずに買ってしまい、壮大な物語に巻き込まれてしまったなあ、と苦笑い。でもこの世界観、大好きなので結果オーライ!

世界を二分する勢力が和平が結ばれようとしていたその時、惨劇は起こり、和平の道は閉ざされてしまう。
再び混迷の時代へと突入する世界。世界に満ち、災害や魔物を生み出す『混沌』を鎮める『聖印』を持つ『君主』たちは本来の在り方を忘れ、領土を奪うため戦乱を巻き起こそうとしていた。
そんな世界を冷ややかな目で見ていた魔法師シルーカであったが、横暴な君主である権力者に見初められたことから、主従の契約を結ぶことになってしまった。
自暴自棄になりかけていたシルーカの前に現れたひとりの青年。最低限の『君主』の力しか持たない青年剣士テオは、圧政と『混沌』に苦しむ故郷を救うための力をつけるべく旅を続けていた。
テオを気に入ったシルーカは彼と契約を結ぶ。テオの理念を叶えるために……。

テオとシルーカ。領土もない君主とエリート魔法師は襲いくる戦を乗り越える度に絆を深めて行く。最初こそ自分の置かれた状況から逃げるためにテオを利用したシルーカであったが、その考えを徐々に変化させ、テオの「故郷を救いたい」という願いに同調していく。シルーカが利用したくなるほど気弱なテオも、シルーカと行動をすることによって甘えた考えを改め、人の上に立つ者の振る舞いを成していくことになる。

とにかく物語の展開が早い。正直これ、文庫三冊分は消費する展開である。それをしなかったのは、物語の方向性を見せるためだったのだろう。物足りなさを感じつつも、区切りの良いところまで駆け抜けたのは正解だと思う。
戦記モノの作品をここ数年いくつも読んだ影響もあって、数千数万人単位の戦いが当たり前になっていたのだが、領土の少ない『君主』がぶつかる場合、十数人での戦いになるのが基本で、かなり地味ではあった。その分、領土を拡大していくと呼び込む戦乱の大きさは比較にならないものになる。戦う度に増える仲間たちも、テオのある意味では「人の上に立つ人間」らしくない姿勢に惹かれ、同時に領民にも愛される。テオとシルーカの成長が、この物語の中で濃密に描かれている。

この世界を体感して分かるのは「戦いに事欠かない」ということ。他の物語でも戦乱を中心に展開されていくのだろう。それが楽しみであり、最後までついていけるかどうか不安なところでもあるなあ(笑)