飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「僕は友達が少ない9」感想

僕は友達が少ない9 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
冬の日の夕暮れ。友達との本気のぶつかり合いによって前に進むことを決意した羽瀬川小鷹は、逃げ出してしまった告白の返事をする。それと時を同じくして、三日月夜空から隣人部の部員たちに一通のメールが届くのだが……。新たな局面を迎えた隣人部は、生徒会と共にスキー研修で宿泊する旅館の下見(という名目の慰安旅行)に行くことになる。小鷹の迷走によって結果的にもたらされた"外側のコミュニティ"との交流は、どんな化学反応を引き起こすのか? 大人気シリーズ第十弾、複雑な人間模様の織り成す残念な恋と笑顔の物語、開幕! ポロリもあるよ!

やめてー!MF文庫J新刊折込広告でネタバレするのやめてー!
まあ僕は既読組なのでノーダメージでしたが…あと本編に関係ないネタでしたね。

夜空と星奈、なぜこんなにも差がついてしまったのか? 慢心…環境の違い…
はい、多分全てですね。

理科と友達になり、幸村には見離され、恋している男性は星奈に「好きだ」と伝えたことで、堕ちるところまで堕ちた夜空さん。一番の敗因はやはり「重い」女であることでした。理科に対して素直な気持ちを投げるようになった小鷹が口にする女性陣への想いがストレートで清々しいな。だが今の環境を捨てたくないからと、星奈に土下座してお願いした時は、こいつ本物のクズだな、と思いました。人間としては軽蔑するが、男としては褒めてあげたい。

夜空ルートから完全に脱落したように思えるのに、未だ一番の問題は夜空にあって、それを小鷹がどうにかしようとする展開が何ともこの作品らしいというか……。
しかし理科、ほんと可愛くて読んでるコッチがどうにかなっちまいそうだっ!