飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 4」感想

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (4) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
北域での地獄のような戦争を生きぬき、多くの犠牲を払いながらも中央に生還したイクタたちを待っていたのは、厳正なる軍事裁判だった。そして裁判のあと、サザルーフは軍の高官たちに、ある突飛な要請を提案する。実はそれは、密かにイクタから託されたもので――。
やがて帝国騎士の少年少女たちは、複雑な内政問題や激しい海戦に巻き込まれていくことになる……。
話題沸騰の本格ファンタジー戦記、ついに4巻が登場。これまでとは異なる戦いに立ち向かうイクタたちに注目せよ!!

仲間たちの成長。
それがこの物語最大のポイントであることは認識していたが、彼等彼女等の成長を目の当たりにする度に心が痺れるのを感じる。特にマシュー…アンタの成長は誰もが注目しているよ。

死線をくぐり抜け、数多の犠牲を払い生き残ったイクタたち。『英雄』と呼ばれるイクタたちを待ち受ける次なる戦場は、今までの血塗られた道ではなく、極めて政治的なものであった…というのが、今回のあらすじ。超がつくほどのお偉いさんであるヤトリ、トルウェイの父親が登場。軍人としての格の違いを見せつける彼等を前に、動じることなく、皇帝の代弁者のように語るトリスナイの底しれなさは恐ろしい。

単純に力だけでは解決しない敵…圧政者との戦いにおいても、イクタは良い意味でも悪い意味でも「相変わらず」飄々と対処してしまうことを考えると、トリスナイとの舌戦は早く見てみたいな。陰日向に行動するマシュー&トルウェイのコンビも板についてきた。これにイクタが加わるとほんと厄介ですわ。そりゃあポルミも泣き出しますよ。ひっそりとポルミにフラグ立てしてるマシューさんの成長率ハンパねえっす……。