飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「四百二十連敗ガール3」感想

四百二十連敗ガール3 (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
デレ園最大のイベント『シンデレラグランプリ』来たる! 定期試験の上位者によって競われるナンバーワン美少女決定戦に向けて、自分磨きに勤しむ女子陣、文字通りテンションMAXのハル達ボンクラ男子陣だが、我らが毒空木はまるでご興味ナシの様子。しかし、ひょんなことから優勝候補筆頭の椿さんとハルを巡ってバトル勃発! 自慢の美貌だけでは勝ち残れないこの死線、毒空木とハルの運命やいかに!? 惨敗は許されない、お待ちかねの第3巻登場!

いや〜、このLOVEとコメディとバランス。最高ですね。ラブコメだけではなく、もうひとつジャンルを掛け合わせて…とは言うけれど、ラブコメだけでここまで味を出せるのはキャラクターを活かし切る作家の筆力あってこそ。イラスト担当の七桃りおさんの素晴らしいお仕事もあって、メディアミックスなど、これからの飛翔に期待の持てる作品。

相変わらず可愛い。相変わらず酷い毒空木…ハルへのあまりの対応に「毒空木はハルが大好き」という大前提を忘れてしまう威力がある。でも好きなんですよね。早くお前ら付き合えよ…あ、駄目だ。そうなると完結しちゃうから…(震え声)

プライドの高さなら誰にも負けない毒空木の前に立ちはだかるのは、一年生主席の完璧美少女・椿。毒空木のことを高く買っているだけに、彼女の横暴さを見兼ねた椿の「喧嘩」を買わずにはいられない我等の毒空木様。腹黒いと言われる椿だけど、黒いというよりも思っていた以上に人間味のあるヒロインなのかな、と。かなり好感が持てるだけに、毒空木さんの残念さが際立つ。特に今回前半の毒空木の暴虐っぷりは酷かった。

そして始まる『シンデレラグランプリ』一年生成績優秀者が競い合う乙女の戦争…成績優秀者というのに似つかわしくない毒空木。しかもひっそり影で努力してる毒空木を知って、愛おしいよりも泣けるが先にくる。毒空木が張り切る中、こちらも奮闘する時宗さん。毒空木に負けることなく、今回、成長していく彼女も良い。最終的には毒空木も時宗も椿には敗れたが、二人の可愛さを改めて思い知ることになった。毒空木よりも、その周囲で嘲笑う乙女たちの方が酷い、というのを今回伝えてきたな。