飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「覇剣の皇姫アルティーナIV」感想

覇剣の皇姫アルティーナIV (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
帝都での戦いはレジスの策によってアルティーナ陣営に軍配が上がった。無事に帰還し、一息ついたアルティーナ達だったが、その時ベルガリア帝国は他国の侵略を受けんとしていた。後にレジスの宿敵となる軍師オズワルド率いる女王の国ハイブリタニアの蒸気船団、そしてヴァーデン大公国の軍勢が奇襲を仕掛けてきたのだ。この開戦には留学中のベルガリア第三皇子バスティアンが関わっており――。覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第4弾!

毎度毎度「前回までのあらすじ」を書き下ろしてくれるむらさきさんに感謝したいです。ほんと、これ読むとすんなり物語に没入できるよなあ…出版されるたびに褒めちゃう。

今回はアルティーナとレジスの出番はほとんどなく、ハイブリタニア国内情勢にスポットが当たる。そこで登場するのが留学中の第三皇子バスティアン。王位継承権争いに嫌気が差して帝国を出たというバスティアンであったが、想像していた性格とはだいぶ違い、随分と男気溢れるというか…ヤンチャな奴だな、と。

留学先で出会ったクラスメイトのエリーゼ…その正体は次期女王に指名されたエリザベス。平和主義を唱え、開戦派に命を狙われるエリザベスを王城まで連れて行くため、命を貼るバスティアンは、もうレジスなんて放っておいて「こいつを主人公にしよう!」と言いたくなるほど主人公気質。襲い来る苦難からエリザベスを守り抜きナイト様に惚れない女はいないだろう。それでも多勢に無勢、レジスの将来のライバルと(らしい)オズワルドの策略もあり、王位継承に失敗したエリザベスとバスティアンの運命はいかなるものになるのか。レジス側についてくれたらバスティアン、面白い存在になるのになあ。