飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「エスケヱプ・スピヰド 伍」感想

エスケヱプ・スピヰド 伍 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
最強の兵器《鬼虫》たちはどのようにして集まり、人間から兵器になったのか。過去の記憶が交錯する中、黒塚部隊に囚われた竜胆が蘇生する。そして、竜胆と虎杖、因縁の兄弟が再会することに。
その頃、登坂研究所では《蜂》の修理が進んでいた。中央の高官から呼び出しを受けた巴は、これを好機と内通者のあぶり出しにかかる。そして、ついに黒塚部隊の烏帽子が姿を現す。しかし巴は、烏帽子によって生命の危機に瀕してしまうのだった。
一方、帝都の異常に気づき研究所から出動した九曜は、街で朧に襲われる叶葉たちを見つける。再び朧と戦闘に入る九曜。しかし戦いの最中、叶葉と鴇子が黒塚部隊の手に落ちてしまう。九曜はたった一人で叶葉たちを追うが――。
緊迫のシリーズ第5弾!

熱いッ!熱いッ!熱過ぎるぅううううううううううう!!ぜぇぜぇ……。
いや、これは興奮するな、という方が無理ですわ。この展開、待ってました!

敵味方の役者が揃い、ついに激突する二つの『虫』たち。これだけのキャラクターを抱えながら、無駄に遊んでいる者が一切いない。誰も何かに関わっている。『鬼虫』たちの出会いから始まり、一層彼等彼女等の関係を知ることになって、特に竜胆の見方は随分と変わった。入れ込んでしまうというか、最初は単なる「強敵」に過ぎなかったのに、今は全く違う。こんなにいい奴だったんだな…他の『鬼虫』にしても、どれぞれがどういう形で戦争中、脱落していったのか前の巻を漁って読み直したくなるくらい。

叶葉は「背中を預けて戦う」タイプのヒロインではなく、戦闘力もない。それだけに動かしにくいヒロインだと思っていたが、いやいやこれが筆力というものですよ。しっかりと役割を与えられた叶葉は、敵陣の中で戦闘とは違う種類の「戦い」を始めることになる。朧の意外な正体に驚きながら、記憶のない彼とどういう対話を繰り広げるのか楽しみ。また叶葉を助けるため、そして最後の『鬼虫』を解き放つために行動する九曜の次なる試練とは。佳境に向けて動きだし、興奮冷めやらぬ展開に胸が熱くなるばかりだ。