飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「僕と彼女とカノジョとかのじょ 1 」感想

僕と彼女とカノジョとかのじょ 1 (オーバーラップ文庫)

〈あらすじ〉
「あなたが落としたのはこの黒髪系女子ですか?」
受け身な性格の神座木社(かんざき やしろ)は、幼なじみで勝ち気な性格の小野黒恵(おの くろえ)に連れ回される日々を送っていた。
そんなある日、黒恵が「願いを叶える」と言われる泉に落ちてしまい、泉の女神の問いかけに答えてみると、黒恵とそっくりの金髪系女子「金恵」と銀髪系女子「銀花」を押し付けられてしまう。
金恵と銀花は社への好意を隠さずぶつけてくるため、黒恵はいつにも増して不機嫌に。
途方に暮れる社は、三人娘に悩ませられながらも、彼女たちが元に戻る方法を探し始める。
三者三様の彼女たちと過ごす、三位一体ドタバタラブコメ開幕!

女神「貴方が落としたのは黒髪の女の子? それとも金髪? それとも銀髪?」
俺「金髪!金髪!金髪!」
編集K「銀髪!銀髪!銀髪!」
女神「……」
黒髪「……」
はい、冗談です。

都市伝説や怪奇現象の多い街に暮らす気弱な高校生・社。男勝りな性格で社をいつも連れ回し「奴隷」のように扱う黒髪ロングの幼馴染・黒恵にほとほと困り果てながら高校生活を送っていた。そんなある日、不注意から黒恵が泉に落ち…出現した泉の女神によって、何故か黒恵の他に金髪の金恵と銀髪の銀花が現れる。髪の色と体格、性格は違うものの、黒恵そっくりの顔立ちの金恵と銀花は社にべったり。それを見て独占欲の強い黒恵は怒りを露わにするが、そんなことには構わず金恵と銀花は社に猛接近する。満更でもない社だが、次第に三人の「存在の力」が不安定になって行くことを知り、解決する術を探し始める。

なんといっても「ラブコメ」に必要なのは可愛い女の子! 魅力的なヒロインです!
ストーリーなんて二の次なんですっ!…はい嘘つきました。重要です。
黒恵から分離した別の人格ともいうべき二人の女の子。金恵と銀花。快活な金恵と恥ずかしがり屋の銀花は元である黒恵の性格を考えると、とても可愛らしい女の子たちである。そんなヒロインたちと繰り広げられるラブコメな日々であるが、そこには向かうべき着地点があり、どうしても引き立て役になってしまう激しい気性の黒恵の株が、ラスト一気に急上昇する展開が待っている。

黒恵と金恵と銀花。
この三人で誰が好みかと言われると、僕は断然、金恵ちゃんです。
自分を全力で社にぶつける金恵の可愛さ、破壊力と言ったらないね。どうして社ではなく僕にその魅力をぶつけてくれないのか…ぶつけてくれよ!その豊満なおっぱいをっ!(ぉぃ)
でも金髪いいよね。太陽に当たって暖かく輝くのが特に良い。癒され過ぎて死ぬまである。

いやあ、美味しいラブコメをありがとうございました!