飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「猫耳天使と恋するリンゴ」感想

猫耳天使と恋するリンゴ (MF文庫J)

〈あらすじ〉
高校2年生の一樹が食べた林檎は、どんな願いも叶える『天界の林檎』だった。
林檎を食べたことで悪魔に命を狙われることになった一樹は、天界から舞い降りた天使・ミントと協力して『林檎の片割れ』を捜索することになる。悪魔の襲撃、天界の林檎に隠された秘密、次々に迫りくる苦難を乗り越えながら、片割れを手に入れるために奔走する一樹。そんな中、幼馴染の雪姫が急に積極的になってしまって……!?
第9回MF文庫Jライトノベル新人賞<佳作>受賞作品。恋するリンゴ達と猫耳天使が織り成すラブコメディ。ふんわりまどろむ極上の果実を召しあがれ。

榎本ひなさんのイラスト好きですわ〜。
柔らかいイラストがこの作品にも合っていて心洗われました。

ある日、高校生の一樹が口にした林檎は、天界から落ちてきた不思議な林檎だった。『天界の林檎』と呼ばれるその林檎は、どんな願いでも叶えてくれるらしい。そう教えてくれたのは、猫耳天使のミント。『天界の林檎』を食べてしまった一樹の願いを叶えることができず、それどころか林檎を食べた一樹ごと食べてしまおうと悪魔たちが次々襲いかかってくる。この事態を打開するために必要な、『天界の林檎』の片割れを探すことになるのだが、その持ち主は幼馴染の女の子・雪姫だった。

不思議な林檎を食べてしまったことから悪魔に命を狙われるばかりか、「恋心」まで奪われてしまった主人公の一樹。そしてもうひとり、林檎を食べたことで恋心を一樹にぶつけられるようになった可愛い幼馴染の雪姫。このままでは成立しない二人の恋を優しく描き出す作品。

あらすじには「ラブコメ」という文字が綴られているが、ラブの比率が非常に高くコメディ要素といえば、一樹を辛かっているかのような天使ミントの行動くらいだろう。一樹にベタ惚れの雪姫のイチャイチャを見て和むか、あるいは嫉妬のあまりイライラするかは、意見が分かれそう。なので純粋に「ラブコメ」を楽しみたい人には向いていないかな、と思う。雪姫の純な想いが爆発して、僕は微笑ましく思うと同時にかなりお腹いっぱいになりました(笑)