飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「リーディング・ブラッドIII 鬼神の因果」感想

リーディング・ブラッドIII 鬼神の因果 (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
魅花、奈巳、凜々との同棲生活も平穏にみえたが、魅花の様子がおかしい。改めて彼女の真意を聞こうとした矢先、鬼神を倒す方法が判明した。鬼にしか取り出せない "核" を破壊すること。危険な方法だが、鬼神を倒せなければ、凪紗も少女たちも因縁に囚われたままなのだ。だが、決意する凪紗を躊躇わせるよう、武士と鬼の歪められた真実が明らかになり――全てを断ち切り、少女たちに真の幸せをもたらせるのか!? 血統アクションコメディ激動の第3弾!

男と男で『一子相伝』が可能…この流れ、誰得なんですか…田尾さん…?(口の端から泡ぶくぶく)

今回表紙を飾るのは沙優。実妹とあって凪紗のことをある意味一番理解している。理解しすぎて、凪紗と子を成すのが冗談に聞こえないのが怖いところ…いや、実際冗談じゃないんだけどね(笑)

ヒロインたちの役者が出揃い、こう見てみると積極的な行動を取る沙優、凛々、奈巳と比べてメインヒロインである魅花は影が薄くなってしまっているような。他ヒロインがぐいぐい迫りすぎるだけかもしれないけど。まあ終盤、魅花には見せ場もあって、誤解も解ける良いところがあるので、それまで他ヒロインに舞台を譲っておきましょう…ということで。

鬼神討伐までをバタバタとした流れでこなした印象が強かったが、ここまでは3巻で収める予定だったのですか。これ以降の構想はあるけれど、正直続きが出るかどうかは売れ行き次第というのが世知辛い。これからが面白いところなのに。エピローグの時点である程度覚悟はしていたが…出来ることなら続きが読みたいですねえ。