飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「俺のかーちゃんが17歳になった 2」感想

俺のかーちゃんが17歳になった (2) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
『17歳教』によって17歳の肉体に若返った俺のかーちゃんとばーちゃんの前で、クラスメイトのメー子が俺との結婚宣言!? 驚くかーちゃんたちと嫉妬する妹の優香。説得しようと引きこもりの優香の部屋へ突撃した俺とメー子だったが、そこで様々な3人プレイをすることに!?
 そんなメー子の父は『17歳教』により若返ったハーフの美少女と再婚しており、何か事情があるのではと探る俺と優香だったが……。

かーちゃんとばーちゃんが17歳の姿になって自分の目の前に現れたら、と想像するだけで頭が割れそうになります。タカシ、あんたは強い子だねえ…。

家族のカタチ、というものは世界の家族の数だけ存在する。中には「こんなの家族なんかじゃないやい!」と叫びたくなるほど関係が崩壊した家族もいるだろうが、やはりそれもひとつの家族のカタチなんだと思う。そんな中で、想像を数十段飛ばしで超えるほど意味不明な家族のカタチをしていながら、その絆はどの家族にも負けないくらい強い澤村家。

自分の家族を嫌い、澤村家の絆に憧れを抱いたメー子の取った突拍子もない行動が、結果としてメー子の家族の繋がりを結ぶことになっていく。コメディ要素主体でありながら、『家族』というモノがいかなるモノなのかをしっかりと描いているところが前回同様、驚かされる。単に「面白く生きたいように生きている」のではなく、「家族のために面白く生きたいように生きている」家族…かーちゃんとばーちゃんがそこにいて、それを受け入れるタカシがいる。器の大きい倅さんや……。

題材としては「一発ネタ」だと思っていたのだけど、続きが出たことも驚きではあった。これ以上の続きを書くとなると、今度はどんなネタになるんだろう。