読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「コンプリート・ノービス レベル1の最強剣士」感想

コンプリート・ノービス  レベル1の最強剣士 (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
「レベル99になると何かが起こる」という噂と共に、瞬く間に世界中のゲーマーを魅了したデジタイズMMORPG――≪アストラル・イノベーター≫。
 レベルが支配するこのゲーム世界で、九人しかいないプレイヤー<リザルターナイン>たちと肩を並べる剣士、イチノ。<コンプリート・ノービス(未経験者を極めた者)>と呼ばれる彼のレベルは『1』。ある目的のためソロプレイで攻略を続けていた彼だが、レベル51のサクラと決闘をすることに。見事、勝ちを手にしたイチノだったが……「チートなんて絶対に許さないんだからね!」とサクラから監視されることになり!?

ファミ通文庫、オーバーラップ文庫、そして今回の富士見ファンタジア文庫と田尾さんラッシュ。今まで読んでこなかったのは嘘のように立て続けに新作を読んでる。異能バトル、ラブコメに続いて今度はフルダイブ型のMMORPGを題材にした物語だ。

世界的大ヒットをし、多くのゲーマーを魅了する体感型MMORPG『アストラル・イノベーター』。主人公のイチノはレベル1の最底辺プレイヤーでありながら、『最強』とも言われていた。レベルこそが全てである『アストラル・イノベーター』で、敵の動きを全て見切り、急所を的確に攻撃しクリティカルヒットを与える、ありえない戦闘プレイが納得できず、イチノに敗北した高レベルプレイヤーであるサクラは、彼のチートを暴くと言い出し、付き纏い始める。ある秘密の目的のため、レベル1で居続けるイチノはサクラの付き纏いを煩わし思うのだが……。

レベル1なのに最強という矛盾。レベルの格差を圧倒的なプレイヤースキルで埋めるイチノの異常。しかしそれは単なる「縛りプレイ」の結果ではなく、イチノはレベル1でなくてはならない理由がある。全ては妹を助け出すため。

いや、ほんとサクラの言葉だけど、この主人公チートすぎるわ! プレイスタイルとしてできることなんだろうけど、人間業じゃないです。しかし自分の戦い方が、妹の命に関わるとあっては必死にもなる訳ですが。

イチノのソロプレイでの強さが際立つだけに、パーティー…仲間との連携ができない事態に陥っているのは面白いところ。でもイチノの目的を達成するためには、仲間が必要不可欠であることが見えてきて、大事な仲間と共に、妹を助け出そうとする輝きが見えるまで今回のお話になるのだろう。