飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「“朝顔" ヒカルが地球にいたころ……(6)」感想

“朝顔

“朝顔" ヒカルが地球にいたころ……(6) (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
「ぼくと朝ちゃんの最初の約束を、ぼくの代わりに叶えてほしい」
――ヒカルにそう頼み込まれてしまった是光。
犬猿の仲の朝衣と関わるのは気が進まないながらも、しぶしぶ"約束"を果たそうとするが、拒絶する朝衣と喧嘩を繰り返す内に、何故かふたりが恋仲だと噂になり――!? 
帝門家の権力争いを制そうとする朝衣の、本当の目的とは一体何なのか。
また対立候補として現れた一朱も、葵や朝衣を標的に、災いの種をまき始め……。
大人気学園ロマンス、第6巻!!

ページを捲る手が止まらない。一気に読んで、全てを味わった。
気高いゆえの孤独。亡き親友以外に許すことのなかった心。
シリーズも第6巻。僕たちがある意味で一番知りたかった女性…朝衣の心を是光が切り開く。

朝衣に関して、とんでもない誤解をしていたことに気付かされる。あるいは、とんでもない誤解をさせられていたことに。
奔放な幼なじみであるヒカルを忌み嫌っていたように思っていた朝衣。しかし是光の視点越しに、彼女の中に秘められたヒカルに対する想いは誰よりも強いものであると感じる。その想いはかなり行きすぎているものであり、葵の心を傷付けもした。朝衣と葵の関係はもう元通りにはならないだろう。それでもヒカルが結びつけてくれた…是光が結びつけてくれる、ぎこちないけれども新しい関係が二人を待っているはずだ。

朝衣が心に抱えていた重しを一緒に持つのが親友の役割。
相変わらず是光には惚れ惚れする。物語全体を使って「なぜ是光が女性を惹きつけるのか?」を読者に納得させるのが上手い。
そんな中でもう一組。女の友情の中で揺れる式部の想いは、最後には止まることなく進み続け是光に届いて本当に良かったと思う。同時に悲しい想いをしなくてはならない女性たちがいて、とても切ない気持ちになる。今はまだ出すことのできない是光の答え。そしてヒカルが最後まで隠し続けていたものとは…物語も核心に迫ってきているように思えるがどうなるのかな。