飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 7」感想

俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 7 (HJ文庫)

俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 7 (HJ文庫)

〈あらすじ〉
里帰りをしたい一心でハリッサが新開発した移動魔術により、再びアブラアムへと向かうことになった烈火たち。
だが、魔術で移動した先は、アブラアムとはさらに別の異世界だった!
しかも、その最中に次々と新たな『物語』に巻き込まれてしまい、烈火は絶体絶命のピンチに。
――地球と2つの異世界を股に掛けた大冒険が今、幕を開ける!

ヒロインを増やしながらついに7巻。このブログの歴史が浅いこともあってか、シリーズ開始から最新刊までしっかり感想を書いている最長作品になってきました。ある意味、このブログは『リトル黙示録』と共に歩んでいると言っても過言ではないかと…あ、はい。過言でしたね…。

前置きはこの辺にして。
今回も烈火は勢い良くヒロインたちの物語に巻き込まれてくれます。しかも今回は4人の新ヒロインが登場。既存のヒロインと合わせると一体何人になるんだよ?…と疑問に思ったが両手の指の数だけでは足りないため諦めました。
組織に追われる超能力者。記憶喪失のアイドル。封印された元勇者。妹を失った風の精霊。これらをいつものように同時に進行させても読者が混乱しない構成は見事。これだけヒロインが集まると戦力は申し分ない。逆を言うとこの「申し分のない戦力」災いして烈火を巡る戦争が起こることになるのだけど…それは今考えるのは止めよう。新ヒロインたちの物語に対応するためチームを分けるのは合理的だな。片方は烈火チームとなれば、もう片方を率いるのが響になるのは当然の人選です。僕が響大好きなのはこの評価には関係ありませんよ?
一部屋だとぎゅうぎゅうになるほど増えたヒロインたちを全て同行させるともう何が何やら展開が分からなくなる、という意味でも分担作業はグッドでございます。

異世界に渡った烈火側と、現代に残り問題解決に挑む響側。様々な物語のヒロインが絡み合い、卑怯ともいえる戦力を保有するようになったが、敵もまた手強い。それでも烈火はヒロインのために、ヒロインたちは烈火のために状況を打開しようと奮闘する姿が胸を熱くする。しかし風の精霊リュンだけは『終わってしまった悲しい物語』を抱え、烈火を非難する。自分の限界を突き付けられた烈火ではあるけれど、それで挫けるほど柔なハートではない。ヒロインがどんなに無理だと叫ぼうとも、踏ん張って彼女たちの心を救い出して欲しい。
4人のヒロインの物語が300ページちょっとで終わるはずもないよねえ。シリーズ初の「続く」となった今回。出来れば前後編構成で次回蹴りをつけて下さい。