飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5」感想

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

〈あらすじ〉
夏川真涼は、いかにして鋭太のノートを手に入れたのか……。
夏川真涼は、隣の席になった季堂鋭太を見て、すぐにピンと来た。
「ホモだわ、この男」
春咲千和は、前から気になっていたことを、なにげない風を装って、幼なじみの鋭太に聞いてみた。
「夏川真涼ってコいるでしょ?」
季堂鋭太は、元カノができる前、「自演乙」が結成された初夏に、“かわいい妹”と出会う。
「やっと会えました、美晴のおにいちゃん♪」
『GA文庫マガジン』に連載されていた「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H(ぷらすえっち)」を完全収録!
さらに書き下ろし短編はカオルの秘密が明らかに!?
裕時悠示×るろおが贈る甘修羅コメディ!

……おお!この話既視感あると思ったらスクエニでのコミカライズ版か!(あらすじ読めよ)や、しかしGA文庫マガジン買っても読んでる時間がないので結局纏まってから読むことになってるなあ。この悪循環…ドラゴンマガジンで経験した!

そんなどうでもいい話はここまで。内容のお話をしましょう。春夏秋冬四人のヒロインの他にもうひとり。妹ポジションの美晴が投入されて掻き回される短編集。基本的には鋭太と千和、真涼の三人に加えて美晴という関係で火花を散らすため、愛衣ちゃん党の僕には辛い戦い。こんなにも僕は愛衣ちゃんを求めていたのか…大切なモノは失ってから初めて気づくのである。ほろり。
腹黒さを抱える美晴に対して、年上らしく対応する鋭太を見てちょっとイラっと。なんでだろうね、鋭太がカッコイイと腹が立つ。

しかしそんな僕の気も知らず(知る訳がない)、またまた新たなヒロインが!ええ、街に待っていた親友・ヒカルのヒロインたちへの反逆だぁ!…と思ったら、そこは濁すのね。ヒカル、ではなくて双子の妹らしいヒカリとのデートを楽しむ鋭太に殺意がですね…まあ冗談はともかく(目が笑っていない)、春夏秋冬の戦いに介入せず、あくまでも親友ポジションを貫こうとするヒカルにはこれくらいのご褒美があっても良いと思った。
しかし鋭太はヒカルと付き合った方が平和な人生歩めるような気がするんですけど…うわあ何だお前ら!なにをするやめ…(響き渡る殴打音)