飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「獅子は働かず 聖女は赤く 4 あいつ、我とか言いだしおった」感想

〈あらすじ〉
《裏切りの獅子》ユリウスと、見習い修道女アンナの旅は転機を迎えた。
魔女たちの隠れ里《茨の城》を巡る戦いで、ユリウスは中央教会の精鋭《獅子の牙》を打ち破った。
しかし、満身創痍の彼は倒れ、アンナは中央教会に連れ去られてしまう。
大きな秘密を抱く彼女を利用しようと策謀が巡らされる中、再び立ち上がったユリウスは、《竜の魔女》サロメたちと共に中央教会の中枢、教都ノヴァリアに襲撃をかける。
しかし、彼の前に立ちはだかったのは、驚くべき敵だった!!
竜と鋼と魔女のファンタジー、時々コメディ第四弾!!

正直この巻で終わりだと思い、しんみりした気持ちで読んでいたから油断しておった。内容的に次がラストかな。

人を思いやりすぎるアンナの行動が、結果としてとんでもない事態を巻き起こしていたような。アンナを攫われ、教都に突撃するユリウスが『獅子の牙』と『御使い』たちをバッタバッタと薙ぎ倒し順調に進撃していたら、まさかのアンナが最大の障害に。しかも誰も操ることの出来なかった『太陽王』を使役して圧倒的な力をみせるのだからユリウスは堪ったものじゃない。
アンナはアンナなりに「みんなにこれ以上迷惑をかけられない」想いからやったことなのだろうけど、まあいつもの通りの暴走ですわな(笑)流石はラスボス強敵だと思わせる力。しかしそれも面倒臭がりユリウスらしい前向きなのか後ろ向きなのか分からん言葉で押し切られていたようだが。こんだけ迷惑かけたんだからユリウスにベロチューされても文句は言えないよ。それを見せられたコルネリアちと可哀想。

アンナの暴走を止め、このままエンディングに流れそうな勢いを感じたがところがどっこい。まだヴァルターさんが残ってます。ヴァルターの正体が、サロメと関わるものであるのはキョトンとする設定の公開でした。もう少し伏線があっても良かったと思う。