読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ダイス・マカブル ~definitional random field~ 01. 否運の少年」感想

ダイス・マカブル ~definitional random field~ 01. 否運の少年 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
「──鬼灯君、呪われてたりしない?」生まれつき「確率を裏切る呪い」を持った高校生・鬼灯灰斗は、ある日転校生の美少女・莉子と出会う。莉子の姉・率によってそれが神の呪い≪神呪≫の一つ「否運」であり、呪いを打ち消すためには千人の人間の呪いを集めなければいけないことを教えられた灰斗は、呪具の一つである≪愚者のダイス≫を使い、確率を支配し、呪いを集めることを決意するのだが――。第9回新人賞受賞! 確率を統べる新感覚ダイス・アクション、堂々開幕! もし俺がロシアンルーレットをやるなら? それなら銃弾を五発入れることにするね。――だってこれは、そういう呪いなんだから。

新年一発目の大型建造で大鳳を引き当てました。運が悪いんで、当たるとは思わなかったなあ。日頃ついていないので、たまにはこういうラッキーもいいか。
さて作品のお話です。

他人を寄せ付けず孤独な学園生活を送る少年・鬼灯灰斗。確率を考えると一番あり得ないことが起こってしまう…「確率を裏切る」という奇妙な現象に苦悩する鬼灯は、転校生の勝気な美少女・莉子に出逢う。鬼灯に身に降りかかる現象を「呪い」と断定した莉子の計らいによって、彼女の姉である率に会うことになる。神の手によってかけられた呪い…『神呪』だという率は、その解呪の方法を鬼灯に教える。呪いに悩む人を千人助ける。莉子と共に部活を立ち上げた鬼灯は、「人助け」に奔走することになる。

単に運が悪い…というだけでは説明がつかない現象。確率上、一番低いことものを必ず引き当てるという呪いを受けている鬼灯は、その体質から周囲に災厄が降りかからないようにと、他人との関わりを絶っている。そんな鬼灯の呪いを知りながら積極的に関わり、呪いを解くため一緒に活動してくれる元気一杯のヒロイン・莉子。鬼灯は明るい性格の莉子との交流を通じ、次第に心を開いていく。

捻くれてはいるけれど、基本的に「良い奴」である鬼灯は他人の呪いに対して真摯な姿勢で挑み、それをサポートする莉子もまた人を思いやる心がある。この二人のコンビ、読んでいてとても心地が良い。最大の設定である呪い…確率の呪いを逆手に取って、一番低い確率を作為的に引き当てて状況を打開しようとする展開がなかなか面白い。最初は掴みにくかったけど、まあ一度イベントを通して見ると分かり易い。

全体を通しても非常に分かり易い展開であったが、タイトルにナンバリングがしてあることから分かる通り、シリーズ作品前提のため、話の全てはこの一冊では落ちません。新人賞作品としては、やはりそこが残念だったかな、と。