飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「白銀のソードブレイカー ―聖剣破壊の少女―」感想

白銀のソードブレイカー ―聖剣破壊の少女― (電撃文庫)

〈あらすじ〉
 世界の調和を保ち、力と平和の象徴とされる7本の聖剣とその使い手『剣聖』。家族を皆殺しにされた過去を持つ傭兵レベンスは、仇を探すあてなき旅の途中、その『剣聖』の一人の警護を請け負った。しかしある夜、彼らの前に小柄な少女が現れる。白銀の髪をなびかせ、その背丈にそぐわぬ大剣を操る彼女はレベンスをあっさりと退け、それ以上の腕を誇る剣聖をも討ち取り『聖剣』を強奪した。剣を交えた際、一瞬かいま見えた“映像(ビジョン)”に家族の仇の姿を見たレベンスは、その白銀の髪を持つ少女を追うが――。

松山さんの作品の表紙は、同じイラスレーターさんではないのに、共通の「儚い」イメージを作り出しているよなあ。それに惹かれて手に取ってしまい、それが正解だったので今回も不安なく読めました。

七つの聖剣とその使い手『剣聖』によって世界の平穏が保たれている世界。その世界で、『光る目の剣士』の手で家族を惨殺された過去を持つレベンスは傭兵となり、仇を探して回っていた。そしてその日も傭兵としてある人物を警護していたのだが、襲撃に遭い護衛対象を殺されてしまう。護衛対象…『剣聖』のひとりを殺害したのは、なんと銀髪の少女だった。大剣を振りかざし、『剣聖』を殺してみせた少女エルザは、レベンスの仇の重要な情報だけでなく、とんでもない『剣聖』の秘密をも握っていた。

少女が世界を敵に回す。
それはそうだ。『英雄』と呼ばれ、人々から慕われる強さを持つ『剣聖』を殺しているのだから。
小柄な少女エルザがどうやって最強とも言われる『剣聖』を殺すことができるのか。その驚愕の秘密を、傭兵レベンスの視点を通じて知ることになる。英雄を殺す理由もまた、語られていく。

衝撃的な出会いから、人を遠ざけて生きてきたエルザ、そして彼女を見捨てることのできないレベンスとの心の距離を丁寧に綴っている。松山さんとしては珍しくバトル中心で物語を回していて、そこも面白かったが、基本的にはエルザの持つ魔剣ともいえる不可思議な大剣の力押しで勝ち続けているところが気になるといえば気になる。まあバトルを楽しむよりも、心理描写とエルザの謎の方が楽しめるし、気になるポイントだから大きな問題ではないかなあ。