飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「フルメタル・パニック! アナザー7」感想

フルメタル・パニック!  アナザー7 (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
カルパチアの戦闘で旭を撃ち、その引き金の重さに苦悩する
達哉。アデリーナやクララ、ユースフたちD.O.M.S.の仲間も、今はそんな彼を見守ることしかできない。
そして最愛の弟を失った菊乃もまた、孤独の中で自身の弱さや脆さと向き合っていた。だがそんな少年たちをよそに、世界は危険な方向へと動き始めていた。中央アジアの紛争で投入された無人AS〈ケントゥリア〉の存在は、米ロ両大国の均衡すら揺るがそうとする。
激動への予兆の中、D.O.M.S.が得た新たな力とは?
不撓不屈のSFミリタリーアクション、一意専心!!

いやー、前回でフラグが立っていたの分かっていたけど、この展開、実際くると熱いなあ。

達也と菊乃とのわだかまりを利用しての共闘。量産されるレイブンの三号機にユースフ、四号機に菊乃という予定調和。最初は鬱陶しいだけの菊乃のだったが、今はだいぶ愛しい存在になってきて、今回の件から「殺す殺される」という非常識な愛ではなく、真っ直ぐな愛を達也に投げ込んでくるだろう菊乃を想像するとニヤニヤしてしまう。菊乃がたった1巻でアデリーナの強力な敵に変わってしまった…アデリーナ、突っ張ってる場合じゃないですよ?

あとクララの成長が素晴らしい。
リーダー路線真っしぐらだ!