読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「豚は飛んでもただの豚?3」感想

ライトノベル MF文庫J

豚は飛んでもただの豚?3 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
元不良の高校1年生・真宮逢人はひょんなことがきっかけで、クラスメイトでポニーテールの美少女・藤室綾に初恋中だ。学校の球技大会をきっかけにクラスメイト達とは少し距離を縮められたものの、綾は進展があまりない。そんな折、恋の協力者である綾の妹・瑞姫は「――なんか変わったね」と言う。初恋をきっかけに、真宮は人として少しずつではあるが成長していたのだ。そのことをどこか嬉しく感じる彼の前に、この夏最大のチャンスが訪れる。瑞姫の後押しもあり、綾と二人きりで夏祭りで店番をすることになったのだ。不器用な少年の恋は果たして実るのだろうか――。元不良の少年と美少女三姉妹が織り成す、青春×初恋×ぽんこつストーリー待望の第3弾!!

兎にも角にもまず「戻ってきてくれてありがとう」を言いたいです。が、体調が優れないということで、心配しております。

かなり文体が変わったな、というのが印象。いや、もっと軽い気持ちで読める青春ストーリーだったような気がしたのだけど…この巻で完結だから、綾への想いを膨らませる逢人にどう瑞姫が想いを告げるのかとか、結構期待していたのだが、結局は瑞姫がフェードアウトしていき、逢人と綾の物語も決着せずに終わってしまったのが残念。

けれども今後、新作を書く意欲があるということでそちらに期待したい。