飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「王手桂香取り!」感想

王手桂香取り!  (電撃文庫)

〈あらすじ〉
上条歩。中学一年。三度の飯より将棋好き。ひそかに憧れる人は将棋クラブの主将、大橋桂香先輩。
そんな歩の前に突如美少女たちが現れる。
「私たちは、将棋の駒だ」
そう言い放つ彼女たちは、香車を筆頭に駒の化身だという。その将棋の強さは人知を超えており、歩は駒娘たちの教えのもと、さらなるレベルアップをしていく。
折しも中学校将棋団体戦の東日本代表を決める大会が間近に控えており、歩は桂香先輩のチームメイトとなり、ともに頂点を目指すべく奮闘する。
二人の前に立ちはだかるのは、桂香先輩の幼少時からのライバル、二階堂。
二階堂を打倒し、桂香先輩へアピールすべく、歩は駒娘たちと秘策を練るが!?

第20回電撃小説大賞銀賞受賞作。
将棋……良く分からない!(爽やかな笑み)
これが正直な感想です。専門的な分野を題材にすると、それに興味が持てるかどうか。それが重要な要素になってくると思うのですが、それでも十分に楽しむことができました。

上条歩は将棋クラブに所属する中学一年生。将棋が好きなものの、成績はイマイチ。そんな彼が憧れているのは、同じ将棋クラブの三年生にして美人部長の大橋桂香だ。年下の生意気な段位者に負け、成績の伸びに悩む歩の元に現れたのは人に化けた将棋の駒だった。上条家が先祖代々使い続けている将棋の駒に宿った「将棋の神様」たちの指南を受けて、歩はメキメキと実力を付けて行く。

繰り返してしまうけれど、盤上のバトルや将棋の戦術には興味が持てなかった。や、なんていうか、申し訳ない気持ちでいっぱいなのだけどね。どうも向き不向きがある題材だと感じた。
しかし将棋を巡る葛藤、熱意、そして桂香先輩への想い…ビバ青春は非常に楽しめた。ただ最後のオチがどうにも締まってない感じがして、不完全燃焼ではある、かな。