飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「水木しげ子さんと結ばれました」感想

水木しげ子さんと結ばれました (電撃文庫)

〈あらすじ〉
今日は転校初日で、学校に着いていなければいけないのに、僕は今、死体を埋める穴を掘っている。そんな僕の左手の「ある存在」――それを追って振り返ると、僕以上に血みどろで、死体をいじくる女の子がいる。
――水木しげ子さん。
僕の想像していたのと全然違う、可愛くて恐ろしい女の子。でも、彼女こそ僕の運命の人に間違いない。
だって、あまりにも完璧な、人形みたいに美しい彼女の左手の小指は、僕の左手の小指と「運命の赤い糸」で結ばれているのだから――。
殺し合う者たちを結ぶ「赤い糸」で結ばれてしまった、ちょっとおかしな少女と少年。
二人に次々と訪れる数奇な殺し合いの「運命」と、その未来に訪れる結末とは――?
今年だけの〈20回記念特別賞〉受賞作、ついに登場!

第20回電撃小説大賞20回記念特別賞受賞作。
単なる『特別賞』ではなくて、20回を記念する賞なんですね。
帯の推薦文で入間人間さんが、「これが大賞じゃない? 相変わらず、見る目のない連中だ」と書いていた、いやいやそんなこと言っていいのか、と(笑)
それだけこの作品を推薦することに自信がある、ということなんだろうなあ。

運命の赤い糸。
そうとしか呼べないモノが見えるようになってしまった楠見朝生。転校初日、朝生の小指から伸びる赤い糸の先の女性…水木しげ子に出会うことになる。猫の轢死体を血塗れになりながら一緒に埋める、という衝撃的な出会いを果たした朝生は、何故かしげ子に気に入られてしまい、付きまとわれる。そして知ることになる。朝生としげ子、二人と同じように赤い糸で結ばれた者同士の「どちらかが、どちらかを、殺す」運命になると……。

イラストを担当する生煮えさんは、このままホラー系のイラストレーターになるんですかね?
表紙も口絵も挿絵もとても雰囲気が出ていて読んでいて心地が良かった。
さて内容のお話。

運命の赤い糸、というと運命の想い人同士を結ぶ糸…なのだけど、この作品に出てくる運命の赤い糸はそんな夢見る少女が妄想するようなモノではない。やがて結ばれた者のどちらかが殺す者になり、どちらかが殺される者になる。主人公の朝生はある事件から、運命の赤い糸が見えるようになり、また自分自身も誰かと赤い糸で結ばれていることを知る。その相手というのが、ジメジメとした暗い印象の、何を考えているか分からない不気味な女の子・しげ子さん。いつか殺されるかも、あるいは殺してしまうのかも。そんな恐怖に晒されながら、しげ子さんと共に赤い糸で結ばれた者たちの運命を追いかけ始める。その結末に心を締め付けられる。この運命の輪から逃れられないのか…朝生は赤い糸に翻弄される者たちと出会い、別れる度にその想いを強くしていく。

ミステリー要素を含む展開。結構ドキドキしますね。後味が良いものばかりではないけど、その衝撃もまた気持ちが良いというか。