飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 7」感想

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 7 (GA文庫)

〈あらすじ〉
ヒメに偽恋人の件がバレて以降、「自演乙」に様々な変化があった。
 学年トップの座を奪われ、復活を期す鋭太。そんな鋭太のため料理を覚える千和。中2病の暴走も収まり、一皮向けたヒメ。恋愛脳が絶好調、ひとり大勝利する愛衣。そして鋭太に別れを告げた真涼は、学校を欠席して――。
真涼不在のまま学園祭の季節がやってきた。どうなる「自演乙」!
裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶ×らぶコメディ第7弾!

俺修羅、一年振りの新刊になるのか…一年とか待った内に入らないから待った気しないわー三年も待った内に入らないからなー。

一年振りの俺修羅だけど、リセットされたような状況からスタートなので入りやすかった。真涼のチワワ押しはもう意地になっているようにしか思えないが。そんな中でゴリゴリ自分を押す愛衣ちゃんはある意味ぶれないな。しかし愛衣ちゃん大勝利のビジョンが見えなくて切なくなる。次回は恋愛にルーズなかーちゃん登場ですね。真涼の家族と合わせてどうなることやら……。