読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ニセコイ」感想

ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)

〈あらすじ〉
ヤクザの2代目だが、ごく普通の高校生・一条楽。 そんな彼の前に現れた、転校生の美少女・桐崎千棘。 喧嘩っ早く、楽とは何から何まで相性最悪な千棘だが、ある事情から二人は恋人を演じるハメになり!?

頭の中を空っぽにして楽しめる「ラブコメ」を突然読みたくなりますよね?
てな訳で書店のアニメ化コーナーに展開していた『ニセコイ』を既刊10巻まで買って一気に読みました。これが週間少年ジャンプ…第一線で活躍するラブコメか…!

ヤクザ一家の息子である高校生の一条楽。跡継ぎと期待を寄せるヤクザ組員の想いとは正反対に、真っ当な人生を送りたいと考える楽であったが、転校生にしてギャングの娘・切崎千棘との「再会」が楽が描く普通の人生を大きく変えていく。ヤクザとギャングの抗争。その抗争の火を消すため、楽と千棘は彼氏彼女の関係になることを両方の親から言い渡される。楽は恋心を抱くクラスメートの小野寺小咲のことを気にしながらも、千棘との「ニセモノ」の恋人関係を演じる。

いやー、ベタもベタ。このベッタベタな設定が良いでございますねー、奥さん。
組織のため「恋人同士になれ」と親に言われたものの、出会いが最悪だったこともあり、常に険悪な楽と千棘。しかし四六時中一緒に居続けたことで互いの良いところも見えるようになり、次第に二人は相手を気にかけるようになる。しかしまあ青春劇ではなく、ラブコメなのでヒロインは多数参戦しており、楽が中学生の頃から思いを寄せる可愛い純な女の子の小咲とは実は両想いだったりするのだが、千棘とのニセモノの恋人関係がその両想いを成就させない。とはいえ、楽と小咲も自分の想いを相手に伝えるのが下手すぎるせいもあり、そもそも千棘とのニセモノの恋人関係がなかったら単なるクラスメートで終えてた感じが強いが……。

このラブコメの本番は千棘が楽への「恋愛感情」を認めたところから、かな。それまでのニセモノの恋人関係があるだけに、こちらはこちらで素直になれない。また楽も小咲を気にかけながらも、千棘のことを気にする描写が頻発し、メインヒロイン戦争はどっちに転ぶかわからない状況。更に文字通りキーになる錠付きのペンダントに対応する鍵を千棘、小咲、そして新しく加わる橘も持っていて、さて楽の運命のお相手とは誰なのか気にな…いえ、ペンダント関係の話は良く忘れますが。

順調に一年を消化して、小咲の妹も参戦し、ますます激化するヒロイン戦争。あっ、ちなみに私は小咲ちゃん可愛いと思いますが、千棘を応援しております。金髪かわええ!!