飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! 2」感想

艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! 2 (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
横須賀鎮守府に、陽炎もよく知る同型艦・不知火が転属してくることに。深海棲艦に対し大規模な作戦を実施すべく艦娘を集めているのだ。また一緒に戦えると喜ぶ陽炎だったが、逆に曙たち第十四駆逐隊の面々は、自分たち以上に陽炎を知る不知火に対して微妙な気持ちに……。そんなぎくしゃくした空気を孕む中、横須賀鎮守府の総力を挙げた攻勢作戦が開始されるのだが――。話題沸騰のファミ通文庫版『艦これ』公式ノベライズに、待望の第2巻が登場!!

陽炎と不知火は我が艦隊の重要な遠征要員として毎日せっせと働いております。遠征でしか経験値獲得してないのに結構レベル高いのですがこれは…(酷使しすぎ)

横須賀鎮守府にて陽炎を中心に結束力を高めた問題児の駆逐艦たち。リーダーとして、仲間として、陽炎を慕う曙たちであったが、呉鎮守府からやってきた陽炎の相棒・不知火によって「心地良い今」を崩されかねない危機感を感じ始めるところか今回のお話は本格的に幕を開ける。

クールな不知火にデッレデレの陽炎に気が気じゃない駆逐艦たちの可愛い嫉妬。陽炎を盗られてしまうのではないか…その危機感が駆逐艦たちを駆り立てる。一方では深海棲艦の怪しい動きもあり、出撃する高雄に今回は見せ場がある。愛宕を想う高雄に泣ける。同じように陽炎を想う駆逐艦たちに不知火、そして陽炎もまた彼女たちを想う。艦娘の想いの揺れ動きが良く描写されているところは、流石はベテラン・築地さんだな、と。みんなほんと可愛いよ!