飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「神武不殺の剣戟士 アクノススメ」感想

神武不殺の剣戟士 アクノススメ (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
帝都剣術学校。悪を自称する清水龍人が入ったその学校は、新式蒸気機関による近代化に沸く帝都オオエドを刀剣犯罪から護る華。そして、「決闘」を教育の一環と見なす物騒な所だった! 決闘否定派だった龍人も、天才剣士星村千歳に辻斬り犯と間違われて闘う事に。人を斬らねば強さは得られない。と語り、殺す気で来る千歳。迎え撃つ龍人。だが、彼は不殺主義者で――。第15回えんため大賞特別賞。蒸気に彩られし帝都で学徒剣士が刃交える剣戟浪漫アクション!!

正直、表紙イラストそのものは好きなのだけど、予想される時代背景的には苦手な感じがしていたのですが。実際読み始めてみたら、最後まで一気に読むほど引き込まれたし当然面白かった!イメージでモノを判断してはいけないと反省しています。

廃刀令が撤廃され、万人が帯剣することが許されている時代。刀剣所持により犯罪が激増したことで剣士たる教育が必要になる。帝都剣術学校。自らを「悪党」と称する少年・清水龍人は帝都剣術学校に入学早々、帝都を震撼させる辻斬りの現場に出くわす。不運なことに、それを見た同級生である天才剣士・星村千歳は龍人を辻斬りと勘違い。決闘を申し込まれることになるのだが……。

もうね!何よりも主人公の性格が好きなんですよ。自分を「悪党」と言いながら、品行方正な生き方をしている龍人。剣士であるが人は斬らない…殺さない。バカがつくほどの正直者である龍人は、次々トラブルに巻き込まれてはそれを収めてみせ、彼の性格を知った者たちの輪が出来ている。天性の「人たらし」なのかな。

謎を孕む辻斬り事件も龍人を中心に展開されていく。凄惨な事件であるが、龍人の性格が陰鬱なものにさせず、気楽に物語を追いかけられるのも良い。