読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。9」感想

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。9 (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
勇者試験直前に魔王が倒されてしまい、勇者になれなかった少年ラウル、父親である魔王が倒されて居場所が無くなった魔王の娘フィノ、ラウルの勇者予備校時代のライバル・アイリの三人は、王都にあるマジックショップで一緒に働いていた。
ユニィの王位継承に合わせて勇者制度が復活!? 試験に挑戦することを決めたラウルとアイリだったが、こんなときにフィノの魔力が大暴走。ラウルと1m以上離れられない呪いがかかってしまい……。
さらに正社員登用試験に向けて張り切るフィノの前に、久々にあの男が登場。その目的とは——?
勇者と魔王の卵が織りなす、ハイテンション労働コメディ!!

アニメ放送終了に合わせて完結。ここのところ好きなシリーズの完結が続いて寂しい限りです。

勇者であろうとも魔王であろうとも、ラウルはラウルだしフィノのフィノなんだよ。勇者でなくても、魔王でなくても、やりたいことはできる。

しかしラウルとフィノの男女関係に決着がつかなかったのが残念。でも面白かった。お疲れ様です。