読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ラノベの感想の書き方だけど愛さえあれば関係ないよねっ!」

ライトノベル 雑記

このブログを始めて丸三年が経ちました。三年ですよ三年。生まれたばかりの赤ちゃんが生意気な口を聞くようになる年月が経過したんですよ。従兄の娘ズが可愛い過ぎて生きるの辛い。

「会社を起こすのは誰でもできる。しかし会社を三年存続させるのは難しい」というのを何処かで聞いたことある。会社と趣味で作ったブログを同列に扱うのもどうかと思うけれど、「何か」を三年間続けるのはやはりそれなりのパワーがいると思うので、三日坊主が癖になっている私にしては頑張ったのかな、と。まあ好きなことやってて「頑張った」も何もないよね。

ブログ開始三年ということで、さて何か書かなければと思うものの、ネタがない。驚くほどネタがない。半日ほど考えて、「そういえばこのブログで自分の感想の書き方というか、スタンスを語ったことなくね?」と思い至り、早速エントリを作成した訳です。と、いうことで無意味に偉そうに語らせて頂きます。本当に申し訳ございません。先制謝罪キマッタ!

星の数ほどあるライトノベルの関連のサイトの中で、「感想」をメインに扱うサイトにどれほどの需要があるのか?
今はAmazonレビューや読書メーターのコメント等、大勢の人の「評価」をお手軽に得られる時代で、こんな辺境のブログにどれほどの意味があるのか?

需要も意味も関係あるかっ!
俺は書きたいように愛するライトノベルの感想を書く!
そんだけだっ!

はい。以上です。
……え? これで終わっちゃ駄目なのね。

僕は元々Twitterだけでラノベについてあれこれ無責任に呟いていたのだけど、限られた文字数だけでは吐き出しきれない想いがあったため、感想ブログを始めました。自他共に認める「気分屋」のため文章はその時の気持ち次第で短かったり長かったり。ブログを始めたばっかりの頃は長い文章を書かないといけないような強迫観念に襲われたが、今は正直「面白かった!星みっつ!」くらいの文章量で充分伝わると感じている。長けりゃ良いってもんじゃないんですよ!(言い訳)

上で「星みっつ」と言ってしまったけれど、僕自身は「評価」するのは苦手です。なので「書評サイト」として紹介されると「いいえ、僕のブログは感じた想いを書くだけの感想サイトです」と返すようにしています。僕程度の文章力・分析力で「評価」することなんてできないし、何よりもそれをやろうとすると無性に胃が痛くなる。だから面白いライトノベルを読んだら「面白い」で良い。好きなキャラクターが出てきたら「○○ちゃん可愛い!」で良い。何物にも囚われず、伸び伸び書いている感想はどんなに短くても、書いている人がどれだけ楽しくその作品を読めたのかが伝わる。その空気が、とても心地良い。

いや、僕がそんな感想を書けているとは思わない。そんな感想をこれからも書けたらいいな…と思いながら、明日からも勝手気ままにライトノベルの感想を書きます!