飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「魔法科高校の劣等生(8) 追憶編」感想

魔法科高校の劣等生(8) 追憶編 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
今から三年前。司波深雪にとって、忘れられない『出来事』があった。それから、深雪は変わった。兄との関係も。兄に向ける、彼女の心も――。
中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。一体何を考えているのか分からないから。家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず……全く意に介さない。兄と目が合えば、深雪の口からは、不機嫌な声が出てしまう。
そんな妹に、『ガーディアン』として完璧に付き従う兄。そこには一切の油断もミスも無い。そして、一切の『感情』も。
理不尽だとは分かっていても、深雪は兄に苛立ちをぶつけることしか出来なかった。自分の、ただの我が侭だと分かっていても。
今とは全く異なる、達也と深雪の関係と、その心の中――。三年前、沖縄で起きた『出来事』によって、二人の心と、その運命が、大きく変わってく。

『ラノベ科高校の劣等生』の、どうも僕です。ご無沙汰の劣等生感想になります。何年振りだろ? や、そんな数えるほどの年数このブログやってないけどね。

アニメもスタート。僕も視聴していますが、良く出来てますね。面白かったので積みに積んだ劣等生に手を付ける覚悟が決まりました。3巻までは発売に合わせて読んでいたんですねえ…読書メーターってほんと便利です。

サクサク読み進めて…本来、サクサク読み進められる種類の作品ではないのだが…それはともかく順調に読み進めてます。もしかしたらこの感想を投下する頃には最新刊に追いついているかも。そんな中で、じっくり読み耽った巻がこの8巻。いつも設定デパートなのに、この巻だけはなりを潜め、テンポ良く深雪の心情を読めて非常に面白かった。いつもこうなら良いのに…(劣等生を根本から否定するぼやき)

達也と深雪の関係が「今」の関係になった瞬間が描かれる本作。空気のように自分を護衛する兄、という表現を使いながらもお兄ちゃんのことが気になって気になって仕方のない深雪は、どう考えても恋する乙女。意識しないようにすればするほど達也に惹かれていく深雪。今でこそ好意を隠そうとしないどころから恋人同士かお前らと思うくらいベッタベタだけど、こんな恋心と戦う深雪さんも可愛いと思います。

「兄妹愛」
それだけが達也を繋ぐ想い。そして達也を縛る鎖でもある。この最強の兄妹ならあらゆる陰謀も跳ね除けてしまいそうな気がするけど…さて、どうなることやら。