飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「穢れ聖者のエク・セ・レスタ2」感想

穢れ聖者のエク・セ・レスタ2 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
共に手を携えながら、復讐の階段を登り始めた亡国の皇子シリュウと"白銀の聖女"エトラ。武勲を重ね、フィガロ魔皇国内におけるエトラの皇位継承の序列が上がった矢先、二人を待ち受けていたのは、序列上位の王子たちによる皇帝オルドネスへのクーデターだった。王子たちに付くか、オルドネスにつくか、その決断によって二人の野望の成就は大きく左右することに。だが、クーデターの混乱で離れ離れに陥った二人が選んだのは、決して交じり合うことはないそれぞれの選択肢。そして「輅機」の火力が唸りをあげ、炎と混乱が魔皇国の首都を包むとき、エトラの「神代の詩」が哀しき代償の果てに目覚めようとしていた――リベリオン・サーガ、破滅への第二幕!

この作品のヒロインはエトラちゃんのみ(表紙を見ながら確信)
でも驚くくらい女性キャラが少ないというか、いない訳ではないんだけど活躍しているのはエトラとディーヴァくらいしかいないという。

成り上がることを決めたシリュウとエトラ。しかしまあ世の中計算通りにはいかず、皇帝を打倒する際に当てにしていた力…第二皇子と第四皇子の引き起こしたクーデターの討伐に出ることになる訳です。思いっきり咬ませ犬感が出ているクーデターを起こした皇子よりも、第一皇子やゼウルの方がある意味恐ろしいというか。そんなことを思っていたら「ああ、やっぱり…」みたいなことが起きて、ゼウルくんは都合の良い存在ではなくなりそうだ。

しかしこの怒涛の展開。そんなに長々シリーズをやるつもりはないのか。下手すると次の巻辺りで締めに入ってしないそうで怖いわ。