読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5」感想

ライトノベル GA文庫

【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5  書き下ろしSS付き4Pリーフレット付き (GA文庫)

〈あらすじ〉
「リリ達は囮にされました!」
鍛冶師のヴェルフを加え中層へと進んだベル達。しかし他パーティの策略により、ダンジョン内で孤立してしまう。
ヘスティアはベルを救うため、Lv.4の元冒険者・リュー、さらには神・ヘルメスと共にダンジョン侵入を試みるが……
「──階層主!?」
立ち塞がる最凶の敵が、ベル達を更なる絶望へと追いつめる。希望を求め、決死行が繰り広げられる、迷宮譚第五弾!

うおー!『第三回ラノベ好き書店員大賞 堂々第1位!』の文字が!第一回『のうりん』の時と同じように大きく取り扱っていて嬉しいなあ。GA文庫様、ありがとうございます!……あれ?僕には投票権がなったような…あれ?

ついに中層に足を踏み入れたベル一行。そんなベルたちを、冒険者たちの「洗礼」が襲い、次か次へとピンチに見舞われながらも切り抜けていく姿はまさに主人公といいますか…この物語でいえば「英雄」なのだろうな。

色んな『ファミリア』のメンバーが現れるので、そろそろキャラクター名を覚えきれなくなってきたぞ。キャラクター紹介の一覧が必要だと思います。ほんと「お前は誰だ…?」ってやつ、増えたわ。

ベルくんの華麗なるフラグ立てには困ったものです。女性だけではなく、男性キャラクターにもフラグ立ててるのが怖い。さてベルくんの出自の一旦が見えてきて、今後の展開も楽しみですねー。