読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「夏の終わりとリセット彼女」感想

夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫 さ 7-1)

〈あらすじ〉
「あなたは、私が一番嫌いなタイプの人間だと思います」 ――夏休み。桜間さんが事故で記憶を失った。桜間さんといえば、完全無欠の「正義の人」にして、クラスの誰もが認める超美人。そしてなんの間違いか、僕、峰康の“カノジョ”でもある。“カレシ”がいたことすら忘れている桜間さんと、僕は二度目のボーイミーツガールを果たすのだけど……全力で嫌われてしまい!? 夏の終わり、リセットされた関係が、もう一度動き出す――。 小学館ライトノベル大賞にて優秀賞を受賞、等身大の青春グラフィティ!

小学館ライトノベル大賞優秀賞作品。
青春って…素晴らしいですよね!え?なんで苦虫を噛み潰したような顔で言っているのかだって?ハハハッ!暗黒の高校生活を過ごした僕にそれを聞くのかい?絶対に許さない。

桜間友里は事故で記憶を失った。家族のこと、友達のこと、クラスメイトのこと…そして恋人のことを忘れてしまった。桜間の高校のクラスメイトであり、彼氏でもあった主人公の峰康は彼女が記憶を失ったことにショックを受けながらも、クラスメイトに背中を押されて声をかけるのだが…「あなたは、私が一番嫌いなタイプの人間だと思います」…風紀委員長をこなす生真面目な性格は記憶を失っても変わらず、不真面目な峰康は彼氏なのに嫌われてしまう。リセットされた関係。二人は再び彼氏彼女の関係になれるのか……。

夏休みが明け、教室に姿を現した「彼女」はしかし「彼氏」のことを完全に忘れ去ってしまっていた…とはいっても、この彼氏彼女、記憶を失う前にデートを一回しかしておらず、人によっては「それって恋人なの…?」と思ってしまうくらい微妙な関係だった二人。サボり癖のある不真面目な峰康を、何故桜間は好きになったのか?

その理由がサッパリ分からないのが前半。最初からやり直すことになった関係を追いかけて、やがてその理由を読者が知ることになる…というのがこの作品のミソかな。この青春劇を何処まで楽しめるのか、それは峰康の青春パワーにかかっています!