読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉9」感想

ライトノベル MF文庫J

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉9 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
ジスタート王国の次期国王の座をめぐる騒乱を鎮圧するために、自軍を率いて出立したエレン。出向いた先で合流した【雷渦の閃姫(イースグリーフ)】エリザヴェータの側に、行方不明だったティグルを発見する。しかしティグルは記憶を失っており、エリザヴェータの従者"ウルス"と名乗った。エレンのことも思い出せないという。その言葉にショックを隠せないエレンだが、おとなしく引き下がれるわけはない。だが、エリザヴェータもはじめての部下である"ウルス"を手放すつもりはなかった。戦姫同士の激突は避けられないのか。ジスタート国内の陰謀や思惑も加わり、ティグルの運命は嵐よりも大きな動乱に飲み込まれようとしていた。大人気美少女戦記ファンタジー、第9弾!

イラストレーターさん交代は残念だけど、変わらず応援していきたいです。ところでミラのおっぱいが適切な大きさに変更されているのですがこれは…(震え声)

エリザヴェータさんマジヒロインなんですけど。孤高な女性だけに、ウルス=ティグルへの信頼…というよりも依存が大きいのが気になる。このままエリザヴェータの元に居続けるとは思えないだけに、エレンとの対立は避けられないように思えるし、その時にティグルがどう二人の戦姫に応じるか。これは凄い気になる展開だ。

色んな陰謀が多発的に動き出していて、これは激しい戦乱の匂いがするなあ。もはや火種しかない感じ(笑)