読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「レヴナントガーデン ―愚者たちの踊る世界―」感想

レヴナントガーデン ―愚者たちの踊る世界― (講談社ラノベ文庫)

〈あらすじ〉
〈想刻器(レヴナント)〉と呼ばれる、死者の怨念が宿ったモノが引き起こす事件が多発する世界 曰く、それは壁の中から現れる。曰く、それは空を飛ぶ。曰く、それは炎でさえも生み出す。それらを回収し、封印する特務機関〈想刻器対策局〉があることを、一般の人々は知らない。その回収課に所属する少年、史賀雪眞(しがせつま)。彼は〈想刻器〉に対し、並々ならぬ激しい憎しみを抱いていた。大切な家族を奪われた過去がゆえ、回収ではなく、破壊することを目論むほどに。やがて、ある事件の中で一人の少女、祈璃(いのり)を救う。
「俺が……護った? 笑顔を?」
「助けてくれて、ありがとうございました……!」
眩(まぶ)しい笑顔の彼女との出会いは、雪眞の心の闇に差し込む光となるのか !?

この作品のイラストを担当していますエイチさんにはお世話になりました。『コミックマーケット82』でプロデューサーたちの夢が詰まった『アイドルマスター・シンデレラガールズ』同人誌…エイチさんの表紙イラストが輝くモバマス本は僕の宝物です。エイチさんの描いた日野茜ちゃんかわいい!!

……はい。本作とは何の関係もない話をしてしまい申し訳ございません。そ、それだけ管理人が推しているイラストレーターさんということで!!

さて仕切り直して内容へ。

死者の怨念によって生まれる呪い。『想刻器』(レヴナント)と呼ばれるそれは、人に取り憑くと常識では考えられない超常現象を引き起こし、周囲に災厄を振り撒く。想刻器を回収・封印する特務機関に身を置く少年・雪那は家族を奪った想刻器を憎むあまり、本来の職務を無視して想刻器の破壊に走る。同僚であり同じチームでもある未緋に命令無視を怒られようとも考え方を変えなかった雪那であったが、想刻器が起こす事件に巻き込まれた純粋な少女・祈璃を助けたことから、その心情は大きく変化していく。

家族を殺した『想刻器』を恨み、またただ一人生き残ってしまった自分自身を呪いながら生きる雪那は、溢れ出す怒りを『想刻器』破壊にぶつける猛る少年。リーダー気質の少女の未緋や、包み込む優しさのあるぽわぽわ娘・葵子といった可愛い女の子たちが諌めるものの、そんなことは知らねえと感情に突き動かされる雪那の暴走っぷりに呆れる序盤の展開。雪那と未緋が怒鳴りあっていると、どっちがどっちなのか文章だけでは見分けが付かないところがあった。

そんな暴走少年の心を鎮めるのは、未緋…ではなく天然成分溢れる真っ直ぐ少女の祈璃。怒り突っ走る雪那の感情を上手く、というよりも天然パワーでいなし、彼女は彼女で命を救ってくれた雪那を想い、互いが互いを意識するようになっていく。メインヒロインがずっと雪那と戦ってきた未緋ではなく、祈璃に移っていくのが切ない(笑)

あらすじを読んだ時は『想刻器』の設定もあって、もっと異能バトル的な展開が多いのかと思っていたがそうではなく、キャラクターたちが重苦しい過去を背負っていながらも、ころころと物語が前に転がっていくので読みやすいと感じる一方、展開があっさりしているというか、正直物足りなさを感じたあった。祈璃の真実…それに繋がる派手なラストバトルがあると、エピローグをより心に染み渡るよう読めたと思う、と勝手に思ってたりします。