飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「エスケヱプ・スピヰド 六」感想

エスケヱプ・スピヰド 六 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
永遠の冬の街《落地》。二十年前の戦争で《鬼虫》八番式・蜉蝣の柊が自らの生命を賭して核爆発を止めた街だ。蜉蝣の力により、今なお氷漬けのまま、その時を止めている。
叶葉達をさらった黒塚部隊の目的地は、落地であった。氷に眠る少女・柊を目覚めさせ、蜉蝣と共に配下に置くためだ。九曜は黒塚部隊の計画の隙を突き、蜉蝣と柊を奪い取ろうとする。しかし二十年の永きにわたる眠りの中で、柊は自我を失っていた。
九番式の少年と八番式の少女、二十年の時を経た邂逅の行方は――。そして、黒塚部隊の手に落ちた蟋蟀の庵と蟻の楓、そして蜻蛉の竜胆の運命は――。
最強の兵器《鬼虫》達の神速アクション、クライマックスに向けて加速する第六弾!

九岡さんはここ数年の若手作家の中でも完成されている方だと思う。クライマックスに向かうこの物語。もしこの物語を幕を閉じても、次の物語でも力を発揮して頂けると感じる。

最後の『鬼虫』である蜉蝣の柊ちゃん登場です。イラストだけを見るとクールな女の子かと思ったら、快活なお姉ちゃんでした。ここでお別れなのが惜しいくらいのキャラクターです。それに比べて叶葉さんの存在感といったら…あとかぎでも述べているが、ヒロインのキャラの弱さがこの物語の弱さかもしれないなあ。まあその分、野郎どもが魅力的なんだけど(笑)

終わりに近づいている気配がヒシヒシと伝わり、気持ちが熱くなると同時に寂しい想いもあって男心は複雑です。