飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「僕と彼女のゲーム戦争 (7) 」感想

僕と彼女のゲーム戦争 (7) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
ゲーマーたちが最も熱くなる季節、夏。岸嶺たち現代遊戯部のメンバーは、ゲーム大会への参加を繰り返していた。そんな中、部員たちと比べて実力不足を感じていた岸嶺は、デバックのアルバイトを通じて知り合ったプロゲーマーのもとへ教えを乞いに行くことを決意する。
そして個人修行を終えて挑んだゲーム大会。夏休みということもあり、社会人が多数参加していたその大会には、かつて岸嶺たちと戦ったこともあるチャンピオンが強力なメンバーを率いて参加していたのだった。

ゲーム熱に負けて、先日PS3版の『ラスト・オブ・アス』を全クリしました。自分がいかにアクションゲームに向いていないか良く分かりましたとさ。はい、ゲームなんぞしてないでブログ更新しろって感じですね、ごめんなさい!

今回のゲーム戦争。前半は岸嶺のバイト話だったけど、ゲーム業界の内情を踏まえながら、将来について岸嶺が考える感じの作りだったなあ。お仕事ってほんと大変。岸嶺にはゲーム業界でやっていく素質がありそうなので、その辺りの話ももっと詳しくやって欲しい。

さて後半。戦争ゲー、僕もやりたい。暫くオンラインで『バトルフィールド』みたいなみんなでバカスカやるゲームしてない。と、いうか『バトルフィールド』ってもう4作目なのかよ。時が経つのは早いのお…。