飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「オレと彼女の萌えよペン」感想

オレと彼女の萌えよペン (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
熱血バトル漫画家としてプロデビューを目指す俺、君島泉は技術を磨くためにプロ漫画家の生駒アギト先生のアシスタントをすることになったのだが……。彼女は俺の目指す漫画とは無縁の萌え漫画を描く女子高生で!?
「チッ……なんで男なの!? 年上巨乳美女って聞いてたのに!」
さらに超エロゲ好きで、極度の美少女&巨乳フェチ。「萌え」が分からない俺は彼女の言うがままに、勉強としてエロゲーをやらされたりする始末。しかも舌打ちするほど男に厳しいのに平気で下着姿をさらしてくるし……もう一体、なんなんだよ!!
そんな俺たちが合作で漫画連載を目指すとか、冗談だろ!?

ひとつの作品が終わりを迎えたと思ったら、新しい物語が始まりました。村上凛さんの新作!いやあーラブコメって素晴らしいですね!これ昨日も言ったか……。

バトル漫画が大好きな高校生・君島泉は、漫画編集者に可能性を見込まれて、とあるプロ漫画家のアシスタントとして修行することになる。生駒アギトというペンネームで漫画を連載していたのは、なんと泉と同じ歳の美少女だった。驚く泉であったが、彼女の描く漫画は苦手なラブコメ系漫画と知り、果たしてここで何が学べるのか悩み出す。しかも泉と生駒の合作漫画を描くことになり、雑誌の連載権を賭け、息の合わないコンビが戦いを挑む。

「売れる売れないは関係ねえ!おまえが書きたいモノを書けばいい!」……そんな世の中だったら良かったのにねえ。(遠い目)
バトル漫画を書きたいけれど、まだまだ練度の足りない泉と、連載していた作品が打ち切りにあった美少女漫画家の生駒。書きたいモノを書きたい、という根本は同じスタンスを持つ二人は、ひとつの物語を創り出す過程で創作論をぶつけ合いながら、最高の作品を生む。ラブコメらしい展開もあるが、漫画作りに焦点を当てている。漫画が大好きな二人の「会話=創作論」はいろいろ楽しいなあ。前作の『オタリア』もそうだったが、ヒロインたちの強さも物語を上手く盛り立ててくれる。チラッとだけどムラサキさんも登場。これからの創作バトル(?)にも期待したい。