読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「今日から僕は!」感想

今日から僕は!  (MF文庫J)

〈あらすじ〉
「めちゃくちゃセックスしたい!」
高橋千尋は孤高の男だった。十六年間の人生をすべて勉強に捧げ、周囲から高い評価も得てきた。でも彼は満足していなかった。だってモテないから。そう、高橋千尋はとにかくモテなかった。だから彼は決意した。これからは生き方を変える。おしゃれになってリア充になって、女の子とやりまくりの人生を送ってみせると。
そして彼は転校を機にひとりの美少女と出会うのだが――。
自慰帝王(GTO)からリア充王へ! 童貞と、かつて童貞だったすべてのヤツらに捧げる真・青春コメディ、開幕!!

『今日から俺は!』、小学生のとき楽しく読んでました!……って、このタイトルにするに際してちゃんと許可取ってるんですね。どういう繋がりなのよ。(笑)

勉強ばかりの日々で冴えない毎日を送っていた高橋千尋は、転校を機に「高校デビュー」する。美容室でヘアスタイルをバッチリ決めて、いざ出陣!……したものの、クラスは同じように転校してきた美少女・姫川智裕の話題で持ちきり。だが千尋は知っている。智裕もまた千尋と同じく「高校デビュー」したことを。モテる男になりたい。リア充ライフを満喫したい千尋と智裕の毎日がスタートする。

男子たるもの、そりゃあ「めちゃくちゃセックスしたい!」ですよ!!!

……あ、はい。本能剥き出しにしてしまってごめんなさい。でも本当のことだと思うんですよ。お話は高校デビューした男子女子。高校デビューしたもののやはりイケてなくてやや失敗気味の千尋と、完璧な高校デビューを飾ったが内面は弱気なままの智裕。元々イケてないことが分かっている同士、本音をぶつけ合い、軽快な掛け合い漫才を繰り広げるところが本作を楽しめるかどうかのポイント。特に大事をやっている訳ではないのに、物語を作れているのは鈴木さんの凄いところ。物語開始時点から「ハッピーエンド」が約束されているのは、どうなのだろうか。まあラブコメなので、脳みそスッカラカンで読んでいきましょう!