飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉10」感想

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉10 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
エリザヴェータの力を借りバーバー=ヤガーを退けた“ウルス”ことティグルだったが、その矢先に魔物の力で見知らぬ森の中に飛ばされ、ムオジネル人ダーマードと出会う。ティグルの消息を探るダーマードに剣を突きつけられ、ティグルは絶体絶命の危機に。一方、エレンの命令を受けたリム、マスハスとティッタの三人はついにルヴーシュの公都にたどり着いた。同じく公都に帰還したエリザヴェータは、あらためてバーバ=ヤガーと戦うことを決意する。さらにガヌロンが暗躍し、ブリューヌとジスタートに新たな動乱の火種を撒く。混沌が加速して世界が人知の及ばない狂気を帯びていく中、時代が、英雄の復活を待ち望んでいる――大人気美少女ファンタジー戦記、第10弾!

最初は「悪役」っぽく登場したエリザヴェータ様だったけど、ティグル記憶喪失騒動を通じて随分とイメージが変わった。戦姫にスポットライトあてた第二部、しかし何だかティグルがある種のヒロインのように扱われていたような気もする。(笑)

第三部はどんな話になるのか。戦姫のほとんどはティグルに靡いているが、敵はそこら中にいる。ティグルハーレムさらなる拡大なるか? いや、それはどうでもいいか…さて続きが楽しみ!!