読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ボクガール 4」感想

マンガ

ボクガール 4 (ヤングジャンプコミックス)

〈あらすじ〉
藤原夢子が鈴白瑞樹のコトを女の子だと本格的に疑いはじめてしまったご様子…。その思い余って瑞樹の○○○の有無を調べることに!! さらには瑞樹を愛する一文字命の登場で、周囲はますます大混乱!! 異常恋愛警報! 全方位型TSF物語、さらなるステージへ!!

瑞樹はやはり天使だった。ありがとう。そしてありがとう!瑞樹を生み出してくれた世界よ、ありがとう!(再確認して感涙)

新キャラが登場するたびに女の子になっちゃったことがバレるのは……いや、その方が面白いのだけど。面白いといえは、藤原さん。最初はそれほど重要視(瑞樹にとってはとても重要な女の子だが)していなかったけれど、この暴走具合、この娘面白いキャラになってきたなあ、と。同時にロキの影が薄くなってきている気がする。

こういうラブコメ要素の高い作品はマンネリ化してくるものだけど、毎度毎度爆弾を投下してくれるので飽きない。瑞樹を女の子と知った藤原さんがどういう行動に出るか。素直ないい娘だからね……でも嫉妬心はあるようで。あんまりドロドロした方向に進んで貰いたくはないので次回もニヤニヤさせてくれる展開カモンです!