飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「理想のヒモ生活 6」感想

理想のヒモ生活 6 (ヒーロー文庫)

〈あらすじ〉
プジョル将軍は、女王アウラにガジール辺境伯家長女ルシンダ・ガジールとの結婚許可を申し出る。 中央の有力貴族であるプジョルと、地方の大領主であるガジール辺境伯家の娘の婚姻は、本来許可できない。 しかし、プジョル将軍には、女王の婚約者候補として婚姻を縛っていた過去に引け目を感じている女王アウラは、その婚姻を認める。 結婚式会場は、ガジール辺境伯領。王都を離れられない女王アウラの名代として、善治郎が結婚式に参加することが決定。数日後、港街ワレンティアから王都にフレア姫一行が到着する。 夜会の席で、結婚式の話を聞いたフレア姫は、善治郎のパートナーとして、自分もその結婚式に出席したいと申し出る。 結婚式に男女一組で出席するということは、その二人は色恋の関係にあるのが一般的。つまりそれは、フレア姫から善治郎に向けた事実上の求婚―――。 善治郎の答えは? そしてアウラとの夫婦関係はどうなるのか!?

今回もフレアが表紙ということは、これは善治郎の側室ルートにバッチリ入ったということで良いのかな。

個人の感情は理解した上で政治を優先しなくてはならない。この物語の醍醐味ではあるけれど、ちと面倒なところでもある。アウラへの愛は十分すぎるほど分かるが、善治郎も色んな意味では面倒な男だな、と。一番は物語が進んでいるようでほとんど進んでいないことなのだけど。まあ『なろう小説』あるいはヒーロー文庫作品は気長(?)に読まなくてはならないのは分かってての愚痴です。

マンネリ解消のためにフレアを側室にして新たな争いを起こして欲しい!(歪んだ感情)