読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「棺姫のチャイカ (11)」感想

棺姫のチャイカ (11) (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
『神』を討ったガズ皇帝は、世界を再び戦乱の渦中に戻すため、トールとアルベリックに「世界の三分の一を支配させてやる」という提案を投げかける。戦乱の中でしか生きられない乱破師と騎士の二人の応えは……。

チャイカ、アニメ化までしたのに随分とひっそり幕を閉じたなあ。いや、まあ僕の勝手な印象なんだけどね。

特に言うこともないけれど、とりあえず紅チャイカ可愛いよ紅チャイカ、だけは言っておこう。