飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「軋む楽園の葬花少女 (3) 」感想

軋む楽園の葬花少女 (3) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
熾烈を極めたアイリス戦は終結した。しかし、葛見達葬花少女隊には休息の時間などは無く、既に葛見と雪野は白峰総司令からの特命を受け行動を開始していた。その命令とは、アイリス戦を妨害した人物――“裏切り者”の手掛かりを探ること。そんな中、葛見達の数少ない理解者である小笠原の左遷により新たな上司となったベネットが、事態を最悪の方向へと導く!果たして、葛見達が辿り付いた背徳の人物とは!? 
“彼女”はなぜ人類を裏切ったのか――。美しき最終兵器達が織りなすダークアクション、衝撃の第3弾!

これは「前回までのあらすじ」がいりますね。はい、どういう話なのか忘れてしまいました……。

と、いう訳で思い出しながら読みました。虐げられる葬花少女。一体なんのために戦っているのか? 葛見たと葬花少女たちが悩み続ける。さらに裏切り者騒動まで重なり、それでも仲間を信じて争う姿が描かれていく。

展開としては好きなのだけど、ちと長かったかなあ、と思う。あと葛見と雪野が仲良いのは良く分かった。良く分かったよ!