読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「灰と幻想のグリムガル level.5 笑わないで聞いておくれよ」感想

灰と幻想のグリムガル level.5 笑わないで聞いておくれよ (オーバーラップ文庫)

〈あらすじ〉
「……で、これ、何だと思う?」
ワンダーホールに来てから数ヶ月。ハルヒロたちは少しずつ、だが着実に実力をつけて迷宮を攻略していた。そんな時、探索中に見たことのない「穴」を見つける。前回……たしか三日前にこの場所を通りかかったときはなかった穴。それは未発見の新エリアかも知れず、一番乗りしたパーティには大きな利益がもたらされる。踏み込むかどうか迷うハルヒロだったが、変わり者が多いが実力はあると評判のチームトキムネが現れ、合同での探索を提案される。
灰の中から生まれた冒険譚は、新たな出会いと共に続いていく。

本当にグリムガル面白い。こんなに面白いとこの面白いをみんなと共有したくなる……毎度面白いって唸ってオススメをしているような気がするけど、しょうがないよね。だって面白いんだもん。

順調に経験を積みレベルを上げているハルヒロたち。垢抜けない初期の頃から随分と成長したなあ……RPGだと色々な技が出せて、戦闘(バトル)パートが楽しくなる頃だと思う。ワンダホールで見つけた謎の穴。その先には「グリムガル」とは違う別の世界があり、謎の敵がいて。文字通り一気に世界観が広がって、この先この物語はどう進んでいくのか楽しみになる。

「チームトキムネ」との交流と絆。まずキッカワに対するイメージが変わったな、と。結構良い奴。また他のメンバーも面白くて頼りになる奴ばっかりで好きだわ。ミモリのハルヒロへの「LOVE」は男に対するモノなのか、ペットのような感覚で言ってるのか。一応、最後でそれが分かるには分かるけど、ミモリンの考えてることは謎だわ。(笑)