飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「のうりん10」感想

のうりん10 (GA文庫)

〈あらすじ〉
今日はみなさんに、とっっっても残念なご報告があります。
わたし、戸次菜摘は――結婚します!!
みんな~落ち込むのは仕方ないけど、元気出さなきゃダメだゾ! これから始まる『インターンシップ』で、いろんな仕事を体験しなきゃならないんだからね☆
いい就職先を見つけて、みんなも先生みたいな奥さんをもらっちゃお~♥
聖夜に起きた奇跡と農業の物語、将来へと繋がる第10巻!

農を差し置いて、ベッキーが2度目の表紙を飾っております。流石は俺たちのベッキー!(白目)そして衝撃のベッキー結婚宣言だー!(血反吐)

まあ分かってました。上手くいかないなんて。上手くいくビジョンが浮かばないよ。いや、そもそもどうやってベッキーが結婚する未来を想像できようか?(酷い)ベッキーを押し付けようとする耕作たちもかなり酷いと思います。

今回のお話のメインはベッキーの結婚話と思わせておいて「インターンシップ」です。お仕事体験です。農業高校に通うからには将来、農業関係の仕事に就くものだと勝手に思っていたけれど、現実はそんな甘くない。

あれ?半ば現実逃避もあって物語に没入してたはずなのに思いっきり現実をぶつけられてるぞ。でも金上の制服姿を拝めたからいっか。あー、役所仕事のところは見てて思うなあ、これ。受け身でいようとすればどこまでも受け身でいられるから、同じ場所にいるのに、全く言動の違う人が出てしまう。温度差が出てしまう。マニュアル通りではなく、しっかり人を見て対応して欲しいと思う……なんか説教になりそうなのでやめよう。(笑)

最後はベッキーに耕作たちがトドメを刺して終わっていたのでめでたしめでたし。次回は林檎ちゃんのターンですか。アニメを見て以来、林檎ちゃんも好きになってきたので嬉しい。