読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11 」感想

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
記憶を取り戻したティグルはジスタート王国にて新年を迎え、因縁浅からぬ戦姫たちと感動の再会を果たす。また、彼はジスタート王に謁見し、思い描く未来の甘さを指摘される。ブリューヌに戻ったところで残してきた巨大な武勲が、決して彼を以前と同じままにはしておかない。王の言葉に、ティグルの胸中は大きく揺らぐ。一方、ブリューヌ王国ではレギン王女暗殺が企てられるも、未遂に終わる。だが、事件はそれで終わりではなかった。陰謀の背後に見え隠れしていた隣国ザクスタンが、剥き出しの野望をブリューヌに向ける。故国の窮地に、英雄となった若者はいま、再び大動乱にその身を投じようとしていた――最強美少女ファンタジー戦記、新章突入の第11弾!

この作品、とっても好きなんだけど未だに『戦姫』を『ヴァナディース』とスムーズに言えない。正式なタイトル……魔弾の王とヴァナ……ヴァナ……いくさひめ!もしくは、せんき!って言っちゃう。横文字ルビのタイトルは難しいですな。

第3章開幕。
いやーティグルさんが攻略した戦姫の数と言ったらないね。現状、ヴァレンティナ以外の戦姫はティグルにデレデレです。そりゃあジスタート王も色々と考えちゃう訳だわ。個人的にはここ最近のリーザ推しにやられています。リーザこんなに可愛いヒロインに成長するとは。

各戦姫のティグルを巡る戦い。直球で好意をぶつける者もいれば、そう出来ない者もいる。いや、客観的に(ヴァレンティナ視点)見ればバレバレですが。恋の戦いに関しては、当事者たちだけでなく周囲も気にしてるようで嫁探しのプレッシャー半端ないなあ。「戦姫であること」「貴族であること」などを考えて行くと本命はリムなんだよなあ。妾にティッタは順当なのだけど、ティグルの性格がそれを許さないだろうなあ、と思ったら本人もそう思ってますよねえ。ティッタはティグルと一緒にいられればそれで良いと思うのだが。(立場的に)

一歩引いているように見えるエレンではあるけど、いつ終わるとも分からない戦姫、今の自分の立ち位置をティグルに語っている辺り、リムを進めているもののレースから降りてはいないんだろうな。(笑)

さて恋はともかく世界の流れに目を向けるとレギン王女とブリューヌの周囲がどうも危なっかしい。怪物たちも動き始めている。ガヌロンが今回出てこなかったけど、動きが見えないだけに恐ろしい存在だ。ティグルもジスタート王に妙なことを吹き込まれてはいたが、信念を曲げずに戦っていって欲しい。