読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7」感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

〈あらすじ〉
新生【ヘスティア・ファミリア】始動!
『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、
「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」
命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。
「私はこの歓楽街に買われた身です」
そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。
蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。
『これっきりでいい、なろう、あの人の英雄に──』
これは、少年が歩み、女神が記す、── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

「例の紐」で随分と有名になりました。ヘスティアにあんな紐がついていて、あんなに絶大な破壊力をもって視聴者を虜にするとは……恐るべし「例の紐」……!

今回、かなり分厚いのでここ最近の読書ペースを考えると長期性になるのを予想していたのだけど、いやいや読み出したらあっという間でした。『ヘスティア・ファミリア』の絆、しっかり楽しませて頂きました。特に命の活躍を描いてくれたのは嬉しかったな。『ヘスティア・ファミリア』に加入するに当たって、命だけ距離感があったように思えたから。リリとヴォルフはベル君と一緒にいたからそう感じなかったんだけどね。まあ勝手にそう思ってるだけなんだけど。

終盤はフレイヤがいかにおっかない冒険者を囲っているかを知ることができました。何でしょうね、このラスボス感。オッタル、そんなにゴイスーな人だったのか。フレイヤに狙われてベル君の貞操は大丈夫なのかな。奪われた時点で想いが消えてただの人になってしまうのが怖い。想いを叶えても同じ事になるのか……。

春姫かわいいよ春姫。ほんと仲間増えてきて楽しいなあ。