読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「俺、ツインテールになります。 9」感想

俺、ツインテールになります。 9 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
秋を迎え、陽月学園高等部で文化祭が開催。総二との仲が半公認となった慧理那に負けまいと、やる気を出す愛香たちだったが文化祭は意外な展開に!? 一方、テイルブルーのパワーアップを知り、葬式ムードのアルティメギル。そこで百合属性を持つ<死の二菱>隊長のティラノギルディは、兵士たちにツインテイルズ同士のキスを見せて士気を鼓舞しようと作戦を指揮する。だが、それを知ったトゥアールたちは、逆にその作戦を利用して総二をその気にさせようと企む。そんな折、再び姿を現した結翼唯乃は、テイルレッドではなく、その正体である総二とのデートを要求。ツインテールとポニーテールが戦いでなく話し合いをするチャンスだと、デートを了承する総二だったが……。迫る、アルティメギル最強を誇る一の部隊の影! 作戦遂行中にティラノギルディが目撃した驚愕の光景とは!? そして“究極のツインテール”の真実を知った総二の決断は――。

女の子が二人だけで表紙を飾っているだけで「この作品は百合展開あるぞ!」と思ってしまうくらいには百合が好きな僕です。百合って良いよね。(ホッコリ)

元気のない、暴力にキレのない愛香さんは愛香さんじゃないんですよ。なんだかんだで愛香のこと一番理解してるのはトゥアールじゃないんですか、これは。姉の想いや、パワーアップしたものの身体的負担が大きくなったり、アルティメギルが思うほど愛香は絶対的な存在ではないんです。でもテイルブルーのパワーアップを見てお通夜になるのは分かる。

ツインテイルズ側からにしても、アルティメギル側からしてもすっかりヒロインになってる感のある総ニ=テイルレッドたん。常軌を逸したツインテイル愛……その異常性に突っ込んでいく話になってちょっと驚いたな。あとフェニックスギルティ可愛いことにも驚いた。ポニーテールも良いものです。気になる引きだったので続きが早く読みたい!