読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7)」感想

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
軍事クーデターによって、カトヴァーナ帝国内はイグセム派、レミオン派、旭日連隊の三つに勢力に分裂する。旭日連隊のイクタは、行方不明だった帝国皇帝の身柄を確保することに、いち早く成功するが、佞臣トリスナイの巧みな謀略に踊らされてしまう……。イグセム派の将校として捜索隊を率いていたヤトリと、戦場で対峙するという、まさかの事態を迎えるのだった――。非情な運命は、二人の未来をどう変えるのか? 話題沸騰の本格ファンタジー戦記、ついに最大のヤマ場を迎える!!

パッと見で分かる大ボリュームだったのでなかなか手を出せずにいたけれど、読み出したらあっという間でしたね……さて!

もうね、これね、色んな意味で酷くないですか!イクタとヤトリの回想シーンを挟みながら、ついに刃を交えることになった幼なじみたち。その結末は……酷く裏切ってくれました。ええ、ある種の褒め言葉です。この裏切り方は。回想から分かるとおり、二人には確かな絆がある。立場の違い・血の違いを断ち切って、最後はイクタとヤトリが絆を取り戻す展開を期待しちゃうじゃないですか!トリスナイ許すまじ。ヤトリ……。

まさかこんな展開になるとは。2巻のことを思えばあり得る流れではあったけど……これはイクタの心もポッキリ折れます。これ、どうやって復活するの?更にはシャミーユの闇落ちまで付いてきて。イクタの心を手に入れるにはヤトリの存在は確かに邪魔だった。シャミーユはそう考えていたとは思えないけど、ヤトリがいなくなってしまうとその考えに支配されて打ちのめされる。終わりが近いのかどうなのか。続きが気になって仕方ないけれど、このままだとバッドエンドしか望めないぞ。