飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「東京戦厄高校第72討伐班」感想

東京戦厄高校第72討伐班 (ダッシュエックス文庫)

〈あらすじ〉
”災厄”と呼ばれる化け物の登場により人類の生活は一変した。災厄と戦うために選ばれた子供達が通う「東京戦厄高校」の少年、成家廻人は 最強の災厄を討つ者<ディザスター・シューター>を目指すが、彼に発現した能力は最弱でお荷物の「迅引(ソニック)」だった。エリート少女の月佳、内気で泣き虫のアリスの二人の少女とチームを組むことになった廻人。バランス最悪の落ちこぼれチーム”トリニティ”は災厄を討つことができるのか!?
絆が導くトライアングル・バトルファンタジー開幕!!

前作『クライシス・ギア』では大変お世話になりました。スーパーダッシュ文庫から移り変わったダッシュエックス文庫での三上康明先生参戦作品は、期待を裏切らない「王道」モノでオラ、ワクワクしたぞ!

人類の敵である生命体『災厄』……通常武器・兵器では倒すことのできない『災厄』を滅することが可能なのは、特殊な能力を持つ『災厄を討つ者〈ディザスター・シューター〉』だけ。『災厄』を討伐するシューター見習いの少年少女たちが通う『東京戦厄高校』。秀才美少女お嬢様として注目される月佳がチームを組むことになった、「役立たず」と蔑まれる最弱の属性『迅引』の力を持つ少年・廻人だった。後方支援が主なはずの『治癒』の少女・アリスを加えた三人のチームのバランスは最悪……なのに、廻人は何処から湧き出ているのか分からない自信と勇気を胸に、チームを引っ張って行く。

信頼し合える「仲間」って……ほんと素敵やん……(恍惚)

人類に牙を剥く『災厄』に対して、正義心だったり、憎しみだったり、復讐だったり。それぞれの事情のもと集い、最強のシューターを目指す少年少女たち。機動力だけが取り柄のシューター『迅引』、対象の能力を向上させる『調善』、シューターの使う特殊な武器を修復する『治癒』……ひとりひとりでは『災厄』という強大な敵に対抗することはできないけれど、三人が力を合わせることによって真価を発揮。シューターに対する常識をひっくり返し、最強の力を生み出す。まずは三人の足並みを揃えるための、第一歩の物語となる。

学園が舞台で、シリアスに重きを置く作品となっている。とはいえガチガチのシリアスではなく、勇気があるのか、単なる無謀なのか、あるいはただのバカなのか。自分の想いに正直に生きる主人公・廻人のアホ明るい性格のおかげで物語そのものはコミカルに進行していって読みやすい。真面目な月佳も弱気なアリスも廻人に(良い意味で)振り回されて、苦難に直面、挫けそうになるものの、明るい性格に引っ張られて乗り越えて行く。リーダーシップとは違うけれど、廻人のこの無根拠な自信もここまでくると立派なものだなあ、と感心する。このポジティブな廻人にヒロイン二人が惹かれるのは分かるなあ。

今回は「仲間」を描き、三人のチームの絆を確固たるものとしたが、この後、続きが発売される年て新たな仲間が加わるとしても加えにくいなあ、とかどうでもいい心配しました。(笑) この中二病力前回の王道の続きをどう持っていくのか楽しみです。